芸能

滝クリを巡り宮根誠司が「なんで俺があの子を口説かな…」激憤していた!

 8月の首相官邸デキ婚報告以降、小泉進次郎環境相(38)の凋落が激しい。政治部記者があきれる。

「未来の総理と称賛されたのは過去の話。環境相に就任後、国連でのあの発言など、美辞麗句だけで中身が伴っていないことが露呈してしまった。加えて、不動だった女性票も妻・滝川クリステル(42)との電撃婚で地盤が揺らいでいる」

 さらに、ここにきて「妻の悪評」も風当たりが強まる結果に…。スポーツ紙デスクが語る。

「直前まで芸能マスコミは二人を完全ノーマーク。あの人気者の進次郎氏との密会をケムにまいていたのだから、かなりの徹底ぶりだった。とはいえ、親しい人には報告があってしかるべし。ところが、当日の速報で結婚を知って愕然としたのが、あの大物司会者だった」

 当日「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で驚きの一声を発した宮根誠司氏(56)がその人。

「何なのコレ? 小泉進次郎さんと滝川クリステルが結婚、妊娠!! クリステル! 連絡してこいよ」

 こうして宮根氏がクダを巻いたのも当然。二人は過去に「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で共演している間柄だ。フジテレビ関係者が明かす。

「宮根にとってこの番組は本格的に東京進出した最初の番組。局も『ニュースJAPAN』の斜め45度で人気絶頂だった滝川を番組アシスタントに用意し、華々しく歓待した」

 ところが、これが大失敗。

「報道志向の滝クリは、大阪のおばちゃんノリのワイドショー的な宮根とは正反対。番組屋台骨のMCとして宮根はスタッフと食事会を開くなど気合いを入れていましたが、滝クリはまったくつけいるスキを見せなかった。そればかりか、宮根が番組の相棒として携帯番号を聞くも、そのたびに無視。ようやく聞き出すまでに2年かかったそうです。電話番号を教えて言い寄られるのでは?と滝川が警戒していたとの噂を耳にした宮根は『なんで俺があのコを口説かなアカンのや!』と激憤していた」(前出・フジ関係者)

 ライバルが「政界のプリンス」なら致し方なしということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱