社会

大人のサービス店の“裏の店”にも変化!コロナ便乗闇ビジネスの驚愕実態とは?

 もはや全国津々浦々にまで新型コロナウイルスの脅威は及んでいる。音楽コンサートの中止・延期、各種スポーツ大会も右へ倣えと中止・延期・無観客興行。列島にコロナ自粛ムード」が吹き荒れる中、火事場泥棒さながら「闇ビジネス」が暗躍している実態を3月10日発売の週刊アサヒ芸能が詳報している。

 中でも「大人の夜のサービス業」ビジネスは閑古鳥に見舞われ青息吐息だ。在阪の「大人のサービス系の店」に詳しいライターは言う。

「大阪では、実際、コロナ騒動でその手のお店は様変わりしてしまいました。以前は中国人など団体客でごった返していた飛田新地も、今やは日本人がそぞろ歩きしているくらい。ホテル街に近くて、デリバリーサービス嬢の待ち合わせスポットになっている兎我野町や十三なども、休日の風物詩だった年配男性と若いサービス嬢のペアショットがすっかり見られなくなりました」

 現状は、入会金や交通費無料などの“コロナ割”で見えない敵と徹底抗戦する日々が続き、さながら消耗戦が、長期化しそうな雲行きだ。そうした中、密かに流行しているのが“闇デリ”だ。

「闇デリとは、店を通さず男女が出会うために利用するサイトなどで、素人娘が個人で募集をかけ、わりきった交際などを行うものです。未成年女性や家出少女がカラダを売る行為をする温床になることもありますが、多くは“パパ活”目当ての女子大生、生活費稼ぎの主婦などが登録しています。ところがこのコロナ騒動以降、明らかにプロだと思われる玄人投稿が急激に増えたんです」(前出・ライター)

 こんな「闇デリ実態」を始めとした、「コロナ便乗」闇ビジネスのさらに掘り下げたレポートは、3月10日発売の週刊アサヒ芸能3月19日号で特集している。

(写真はイメージ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」