芸能

田中みな実&羽鳥慎一「報ステ就任」乗っ取りクーデター(4)東京五輪後の来年秋に実現

 現在、報ステは視聴率が悪くないとはいえ、番組後半の時間帯でかぶる有働由美子(51)がキャスターを務める「news zero」(日テレ系)も数字を伸ばし、迫ってきている。

「徳永の次なるメインキャスター候補に、テレ朝の大下容子アナ(50)が挙がっています。好きな女性アナランキングではトップテンの常連で、好感度は抜群。昼の情報番組『大下容子ワイド!スクランブル』でも、主婦人気は強い。懸念材料があるとすれば、仕事帰りのサラリーマンの視聴者層に支持されるかというハードルです。さらにもう一人、やはり上層部のたっての希望としてリストアップされているのが、フリーアナの田中みな実(33)なんです」(芸能デスク)

 田中といえば、TBSアナから14年にフリー転身。それから活動の場を広げ、女優業では放送中の土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレ朝系)で「眼帯秘書」役の怪演が話題になったり、昨年発売した写真集「Sincerely yours…」(宝島社)は45万部売り上げの大ヒット。しかしながらセクシーアピールが先行し、報道のイメージとはほど遠いようにも思えるが‥‥。

「TBS時代から女性に嫌われる女子アナでしたが、女性ファッション誌で肘ブラヌードなど大胆露出をしてから、憧れの存在にイメージチェンジ。そこは徳永にない強みとなっている。オヤジ世代にもウケはいいので、サプライズ起用としてはインパクト十分です。報道志向はないようですが、自分の置かれた状況を冷静に判断できるので、現在の人気がずっと続くとは思っていないはず。報ステからキャスターのオファーが来れば、新たなイメージの構築として興味を示すことは十分に考えられます」(平田氏)

 しかも、田中もテイクオフに所属。羽鳥とのセットでメインキャスターの入れ替えとなれば、事実上の「乗っ取り」という形になりそうだ。

「すでにテレ朝上層部は極秘にゴーサインを出したという情報もある。『羽鳥&田中』のコンビが誕生するとすれば、東京五輪が終わったあとの来年秋の改編期が有力。ただ、新型コロナの影響で五輪中止が早期に判断されれば、来年春の改編期に前倒しされるかもしれません」(芸能デスク)

 富川アナの相次ぐ騒動で報ステが揺れ動く中、「みんなのみな実」と羽鳥が救世主になる日は来るか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す