芸能

ゆきぽよ、「快傑えみちゃんねる」終了劇で見せた“したたかさ”とは?

 7月24日の放送が最終回となった、上沼恵美子が司会の「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)。

 7月で25周年を迎える同番組の放送終了は21日にカンテレから突如、発表された。同局は「番組として一定の役割を果たすことができた」「無観客収録となり、トークショー形式の放送ができなくなった」と終了理由を説明している。しかし…。

「6月末に起きたキングコング梶原雄太の降板騒動の影響で、局側と上沼が話し合いの場を持った。そこで現場スタッフらの意見を伝えたところ、上沼が『そこまで言われるなら辞めてやる』とキレてしまい、急遽番組終了が決定したと言われています」(芸能ライター)

 24日の放送内容では特に最終回であることは触れられず、21日に同局が発表した「1000回を超えて続けることができたのは、支えて下さった視聴者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました」という上沼のコメントが出たのみだった。

 そんな異例の終了劇の中、出演したタレントの“ゆきぽよ”こと木村有希は、放送前の22日、自身のツイッターを更新。「大阪を代表する長寿番組で25年間も皆に愛された番組。そんな番組の大切な最後に一緒に上沼さんサブローさん皆さんと過ごせた事が嬉しいです。最後の快傑えみちゃんねる是非ご覧下さい!」とアピール。続けて「いつもいつも『可愛いね』って可愛がってくれて、フレンチ料理を食べたことがないと話したら『今度連れて行ってあげたい、美味しいところ沢山おしえてあげる』って言ってくれるめちゃくちゃ優しい上沼さんはゆきにとって大阪のお母さんみたいで大好き!上沼さんに会えるチャンスが減って悲しい……」と上沼への感謝を言葉にしている。

 木村はずいぶん上沼を慕っているようだが、ここで注目したいのはいい意味での「したたかさ」だ。

「長寿番組の最終回をしっかり番宣したのと同時に、関西の女帝・上沼をうまく持ち上げている。上沼の他の番組は今まで通り続くようなので、上沼に気に入られていれば、また上沼の番組に呼んでもらえるのは確実です」(前出・芸能ライター)

 バラエティーで引っ張りだこになっているのもわかる気がする。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”