スポーツ

前田健太「HR打たれ衝撃選手」公開が想起させる「あの人がメジャー進出なら…」

 現役メジャーリーガーとして今も活躍を続けるマエケンこと前田健太が、みずからのYouTubeチャンネル〈マエケン チャンネルKENTA MAEDA〉で、広島カープ時代に衝撃を受けたホームランベスト3について明かした。7月10日投稿の〈日本時代に打たれた衝撃を受けたホームラン ベスト3!!〉がそれだ。

 第3位は、本塁打王3回、打点王1回に輝いたタイロン・ウッズ(中日)=当時=だった。アウトコースのカーブをまるでピンポン球でも弾くように左手首を返しただけで軽く打ったと言うホームランは、前田が1軍デビューした2008年のこと。まさに衝撃だったようだ。

 第2位は、トニ・ブランコ(中日)=当時=。タイロン・ウッズが移籍した翌年の2009年に現れた外国人助っ人で、ウッズが居なくなってホッとしたのもつかの間、前田の投球をナゴヤドームの天井に当て、初認定のホームランを放っている。

 第1位は、ウラジミール・バレンティン(ヤクルト)=当時=。王貞治氏に続くセ・リーグでは史上2人目の3年連続本塁打王に輝いており、その3年目の2013年には前田はホームラン54号を打たれている。この年、バレンティンはホームラン60本で日本プロ野球のシーズン最多本塁打記録を樹立している。

 ちなみに、それまでの本塁打最多記録は王氏の55本だった。王氏の記録は破られることとなったが、本塁打王の連続記録で見れば王氏は13年連続とケタ違い。追随するのが8年連続の故・野村克也氏だ。日本プロ野球の人気を長らく支えた両御仁、ここに長嶋茂雄氏が加わり、もしもメジャーに行っていたら…と夢想し、想像力をたくましくしてしまうのは筆者だけだろうか…。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」