芸能

小島瑠璃子、「キングダム」作者と熱愛発覚前の“意味深ツイート”にネット騒然!

 8月10日、小島瑠璃子が自身のツイッターを更新し、SNSでの誹謗中傷に対して苦言を呈した。小島は先日、漫画「キングダム」の作者である原泰久氏との交際をスクープされたことで、ネットでの批判が相次いでいたという。

「原氏との熱愛が発覚して以降、小島のツイッターには、交際に関する批判的なコメントが殺到していました。そんな状況が限界だったのか、小島は今回、ツイッターで《SNSだろうと誹謗中傷はしてはいけないし、直接傷つけるのと一緒ということが何故まだ浸透していないのだろう。想像で、ただの想像で、ひとの人格や生き方まで非難するのは本当にもう終わりにして欲しいです。とても悲しいです》と辛い胸のうちを明かしたのです」(芸能記者)

 そんな小島への批判で一番多いのが、原氏を前妻から略奪したのではないかという疑惑である。すでに原氏は離婚しているものの、その時期や、小島との交際がいつ始まったのかが正式に明らかになっていないため、略奪を疑うネットユーザーが殺到している。

 さらに、過去の何気ない小島のツイートも、一部で「匂わせ」ではないかと疑われているという。

「小島は6月に《過去に、真実はない。僕はいまを生きている。そして、今の僕が愛しているのは君だけだ。 ごめん、メモ》とツイートしています。これは《#愛してると言ってくれ》というハッシュタグが付いているため、当時、再放送されていたTBSドラマのセリフをメモしたものだと思われます。しかしこれが、今になって注目を集めており、一部ネットで『これをわざわざメモしたことが、熱愛報道後だと意味深に感じる』『離婚した原さんと重ねてしまう』と、“匂わせ疑惑”が飛び交うことに。今後、小島がきっぱりと略奪を否定しない限り、このような憶測が続いていくことになるかもしれません」(前出・芸能記者)

 はたして小島は、略奪疑惑に関してこのまま言及を避け続けるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故