社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<坐骨神経痛>「足のしびれが悪化して頻尿や尿失禁まで!」

 座っている時に腰やお尻、太腿などにビリッと電気が走ったような痛みを感じる人は「坐骨神経痛」かもしれない。坐骨神経は末梢神経で最大のもので、お尻から太腿、ふくらはぎへとつながる長い神経のこと。

「坐骨神経痛」は病名ではなく、坐骨神経に生じた痛みやしびれなどの総称である。

 特に年代には関係ない。高齢者だけでなく、若い世代や中高年にも多く発症する。スポーツのしすぎや、デスクワークでの長時間座りっぱなしなど、人によって原因はさまざまだ。

 痛みが出る場所も症状も異なり、腰や太腿、お尻などのしびれや痛みだけでなく、足のしびれやだるさ、冷え性、頻繁に起こるこむら返り、頻尿や尿失禁などを伴うことも多い。

 坐骨神経痛が原因の主な疾患が「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」だ。加齢によって背骨が変形したり、靱帯が厚くなったりすることで、背骨の後ろ側にある神経の通る管(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されることで腰の痛みや足のしびれを発症する。治療においては、神経への血流を改善する血管拡張薬や消炎鎮痛薬、神経ブロックが使われることもあるが、重症の場合には手術が必要なことも。

 若い人に多く見られるのは「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」だ。背骨は椎体という骨によって形成されていて、この椎体と椎体の間にはクッションの働きをする椎間板がある。この椎間板が潰れて飛び出すことで、腰椎の神経を圧迫して痛みが発症する。

 これらの予防には「重いものを持たない」「長時間同じ姿勢はとらない」「肥満防止」を心がけて。特に坐骨神経痛が悪化すると、立っていても座っていてもつらくなる。寝る時は楽な体勢を見つけ、腰の下や膝の間などに抱き枕やクッションを挟んで調整するのもよいだろう。痛みを感じたら、自己流の判断は禁物なので、必ず整形外科を受診して医師の判断をあおぐことが必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び