芸能

ついに朝ドラヒロインに!川栄李奈「おバカキャラ」はウソだった(2)冷静に「歌は得意じゃない」

 川栄は10年に開催された「AKB48第11期研究生オーディション」に合格し、芸能界デビューした。

 研究生を経て、12年3月に正規メンバーへと昇格すると、同年5月にリリースされたシングル「真夏のSounds good!」でいきなり選抜メンバー入りを果たしている。同年10月リリースの「UZA」のカップリング曲「孤独な星空」でも渡辺麻友とのWセンターに抜擢されるなど、期待のホープとして早くから注目を集めていた。

 だが、決してエリートだったわけではなく、当時を知るアイドル誌のライターが振り返る。

「川栄は前田敦子に憧れてAKBのオーディションを受けたそうで、研究生の頃からキュートな童顔フェイスと明るいキャラクターで人気がありました。ただし、グループ加入前からダンス経験者のメンバーが多い中、川栄はほぼ素人で、当初はパフォーマンスにひと苦労。それでも時とともにメキメキ上達してきて、陰での相当な努力がうかがえました。一方、当時からダンスばかりか『歌は得意じゃない』と話しており、早くから歌手としてではなく女優としての未来を冷静に見据えていたのでしょう」

 付け焼き刃にはならぬよう、自己プロデュース力に長けていたのだろう。

 その後は人気メンバーとしてグループの中で存在感を増していった。13年放送の「めちゃ×2 イケてるッ!」(フジ系)の「抜き打ち学力テスト」で断トツの最下位になったことで、おバカキャラが浸透する。同番組で誕生した派生ユニット「BKA48」の“バカセンター”として新曲を披露するや、たちまちブレイクしたのだ。

「それ以前からファンの間では『九九が言えない』『足が臭い』といったネタは広く知られていましたが、一般的知名度が飛躍的にアップしたのは間違いなく『めちゃイケ』出演からでしょう」(アイドル誌ライター)

 こうして全国区の知名度を得た川栄は、14年1月から放送の連続ドラマ「SHARK」(日テレ系)で初の単独ドラマ出演を果たし、かねてから希望していた女優業を本格化させる。同年は飛躍の年となるはずだったが、同時に大きな転機を迎えることになったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク