スポーツ

落合博満は2ストライクから3割!?元捕手OBが選ぶ「凄い3打者」の説得力

 主に日本ハムで活躍した元プロ野球選手、片岡篤史氏のYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉に、南海、広島、巨人とセ・パ3球団を渡り歩いた元プロ野球選手・西山秀二氏が出演。元捕手の立場から見て「現役時代に、すごいと思ったバッター」を、片岡氏から問われたところ、右バッターでは3度の三冠王に輝いた落合博満氏、左バッターでは前田智徳氏、金本知憲氏など名球会入りを果たしたレジェンドクラスの名前が挙がり、彼らに共通する“強打者たるユエン”を解説した。

 同チャンネルの7月3日投稿回〈【最終章】「わけのわからない打者?」西山秀二さんが選ぶ捕手から見て歴代素晴らしい打者について〉で、西山氏が指摘したのは、「ポイントがみんな近い」。“この球は見逃すのだろう”と、捕手がミットを出そうとした瞬間に、ギリギリでバットが出てくるそうで、実際にミットをバットがかすったこともあったと振り返る。

 さらに、「この3人というのは、2ストライク以降の打率がスゴイ!」とも語り、西山氏いわく、日本プロ野球界において「2ストライク以降3割打ってるの、この3人だけだと思う」なのだそうだ。

 さらに、一般的にほとんどのバッターは、ノーストライクで3割ある打率も、1ストライク以降は2割少々に下がり、2ストライク以降は1割あるかないかとし、落合氏、前田氏、金本氏は、「追い込まれれば追い込まれるほど、だんだん打率が上がっていくわけ」、と解説したのだった。

 中学時代には巨人で活躍した桑田真澄氏とバッテリーを組んだことでも有名な西山氏。捕手ならではの視点から、ピンチをチャンスに変える名選手を分析した、見ごたえのある回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察