芸能

ナイツ塙、錦鯉「M-1優勝」に“審査員席でもらい泣き”の「意外すぎ弁明」

「漫才協会」とは、漫才師の育成と広報を目的とする一般社団法人。旧名の「浅草フランス座」時代には、若かりし日のビートたけしがお笑いの修行を積んだことでも有名な、浅草フランス座演芸場東洋館(通称:東洋館)を根城とし、コアなお笑いファンを前に、芸人が日々切磋琢磨している。

 現会長は、昭和を鮮やかに彩ったベテラン芸人の青空球児(青空球児・好児)だが、副会長は塙宣之(ナイツ)だ。塙が審査員を務めた、去る12月19日にテレビ朝日系で放送された日本一の漫才師を決めるコンテスト「M-1グランプリ」の第17回大会で優勝した「錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)」は漫才協会員。漫才協会第1号の「M-1」チャンピオンを生みだした。

「錦鯉」優勝の瞬間には審査員席でもらい泣きする塙の姿が画面に映し出されたが、塙のYouTubeチャンネル〈ナイツ塙の自由時間〉の、12月20日付け投稿回で、こんなふうに弁明していた。

「ネットでもらい泣きみたいに書かれてましたけど、あれは林家三平師匠が『笑点』を卒業したってことで泣いてただけなんで…」

 すると、「いや違いますよね、絶対違いますよね」

 とスタッフから静かに突っ込まれるといったコミカルなやり取りを見せていた。

 一方、漫才協会理事の1人である、お笑いタレント・ねづっちも、自身のYouTubeチャンネル〈ねづっちチャンネル〉、12月20日投稿回で、「あの錦鯉の優勝って言うのは、一言で例えたら、サービス満点のお寿司屋さんだね。うん、どういうことかって?…素晴らしいネタで並出した(涙した)」と、得意の謎かけで「M-1」を振り返った。

 長年の不仲を解消して注目を浴びた「おぼん・こぼん」も籍を置くといった昨今、話題に事欠かぬ漫才協会。改めて今、漫才にご興味が湧いてきた方は、浅草・東洋館に足を向けてみてはいかがだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化