芸能

テレビ界「ヤラセ番組37年」全暴露〈報道・ドキュメンタリーの舞台裏〉(2)「アフタヌーンショー」で起きた史上最悪のヤラセ事件

 情報の扱いには細心の注意を払うべきはずの情報番組で、故意に誤った知識を拡散して大きな波紋を広げたのが「発掘!あるある大事典II」(関西テレビ)だ。

 07年1月の放送回で、納豆を食べるとダイエットに成功するといった検証を放送したが、その後にデータの捏造が発覚して大問題となり、番組は打ち切られた。放送作家が明かす。

「もともと高視聴率を誇っていた人気番組で、騒動は新聞や週刊誌が連日にわたって関連記事を掲載し、社会現象にもなりました。一部では、騒動余波で番組を手掛けていた制作会社が倒産したという報道もありましたが、実際には社名を変えただけで、今も存在している。しかも系列局の情報番組やドキュメンタリーを制作しているのです」

 本来はこうした騒動を報じる立場の報道番組が、あろうことか自らヤラセに手を染めたケースも。史上最悪のヤラセ事件が起きたのは、60年代から80年代半ばまで放送された「アフタヌーンショー」(テレ朝系)である。

 85年8月、当時の社会問題になっていた「非行」について取り上げた放送回で、女子中学生たちがリンチされる暴力シーンが放送された。加害者が逮捕されることにもなったが、実際には番組ディレクターが本物の元暴走族メンバーらを利用して焚きつけたヤラセだったことが明るみに。さらに、暴行を受けた被害者の1人の母親が自殺してしまう悲劇も重なり、前代未聞の事件としてテレビ史に刻まれることとなった。

 しかし、そんな凄惨な事件も時の流れで、すっかり風化してしまったのか──。同局では19年3月に「スーパーJチャンネル」でスーパーの買い物客として、男性ディレクターの知人を仕込む不適切な演出が発覚。つい最近も「大下容子ワイド!スクランブル」で、番組側が事前に作成していた質問を、視聴者から寄せられた質問と偽る演出が発覚するなど、不祥事が続いている。

 番組制作会社スタッフが声を潜めて明かす。

「近年のニュース番組や報道、情報番組でも、実際はヤラセと言ってもいい過剰な演出は多く、明るみに出ているのは氷山の一角です。例えば、最近多いコロナ禍関連の街録なんかでも、番組が求めているようなコメントをなかなか拾えない。すると、ディレクターがインタビューの際に『すいません。今から僕が言う言葉をそのまま言ってもらっていいですか』なんてお願いすることもあります。地方局だともっと緩くて、以前に担当したニュース番組に至っては、選挙前の世論調査で某政党の投票予想の結果が悪いことを受けて、番組の司会者から編集で増やすように指示されたこともありました。拒否しましたが、結局、司会者の顔色をうかがい、別の番組スタッフがしぶしぶながら指示に従っていたようです」

 いっそ各局そろって「ヤラセ番組」のドキュメンタリーを制作してみてはいかがか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察