政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「結婚しても税制にメリットがない」

 私は共働き世帯です。結婚をして思ったのですが、日本の税制は共働き世帯にとっては何もメリットがないんだなと。結婚していない周りの友人からも、それなら事実婚でいいじゃないか、と言われることもしばしばです。少子化問題ともつながってくる気がするので、そろそろ日本は改善する時期に来ているのではないでしょうか。

 日本における婚姻の税制は、ずっと昭和の負の遺産を引き継いでいると言っても過言ではないでしょう。古いシステムだと、私も思います。当時の政策意図として父は働き、母は家庭を守るという社会像がありました。そのため、専業主婦世帯を守る税制優遇が敷かれ、妻の収入によって税金がかからないシステムが導入されました。

「103万円の壁」あるいは「130万円の壁」という言葉を耳にした人もいるかと思いますが、これはあくまでも専業主婦がパートタイマーやアルバイトで稼ぐお金が103万円以内であれば、自分で所得税を払わないですみます。また、年収が130万円を超えると自分で国民年金と国民健康保険に加入することになり、ひと月あたり約3万円。年間にすると約36万円の社会保険料の負担になります。他に「150万円の壁」というのもあり、「配偶者特別控除」が徐々になくなる数字がコレ。また、一定規模以上の会社でアルバイトやパートをして年収106万円以上稼ぐと社会保険に加入することになり、給料の中から厚生年金、健康保険料を負担することになります。つまり、夫の扶養に入って税制優遇を得るためには、妻はあまり稼ぐな、ということです。

 今の時代、ガッツリ共働きが当たり前なので、従来の枠に当てはまらない人は非常に増えてきています。専業主婦を視野に結婚をする方にとっては今の税制でもいいのかもしれませんが、このままでは共働きで結婚したいという人の後押しをする制度にはなりません。ましてや、働きながら子育てを応援するような税制にはなっていません。

 少子化問題を早期に解消したフランスでは、仕事と家事を両立する両立支援策が功を奏しました。カギは所得税の決め方です。個人が稼いだ額によって算出するのではなく、その家庭内をまるっと子供も含めた人数割で税額が決まるというもの。こうなると、子供がいる世帯は優遇されることになり、少子化対策にも大いに貢献したのです。

 アメリカやイギリス、ドイツにも、配偶者控除なんてありません。イギリスには婚姻控除というものがあり、配偶者の一方が自らの基礎控除の全額を使い切れなかった場合に、その残額を一定の限度で他方の配偶者の基礎控除額に移転できる制度だとか。ちょっと難しいですが。

 日本でもこういった議論をより活発化させることが大事です。所得税額を減らしたいから子供を生むという人はいないと思いますが、フランスのような両立支援策があれば、もうひとり生みたい時の後押しになるかと考えます。

 日本ももっとグローバルな視野で、結婚と子育てについて新しい支援策をどんどん打ち出していってほしいと、切に願っています。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え