芸能

本田翼、“断食”報告で「Dカップはどうなった?」懸念された色白バスト

 モデルで女優の本田翼が2月14日、自身のインスタグラムを更新し、10日間に及ぶファスティング(断食)を行ったことを報告した。

 本田は「いつものアウターです。関係ありませんがファスティングを4日間、回復食を4日間 準備食1.5日くらいで約10日間ですね。早くも今年1辛いことになるのではないかという10日間を過ごして参りました」と綴り、白いボアのアウター、オリーブ色のズボンに、ピンクの帽子をかぶった自身の写真を投稿。

 さらに「私は塩分大好き足むくみまくり体型の人間なのですが 信じられないくらい足のむくみが取れました。こんな溜まってたの…?と絶望するほどです。身体をリセットする、ということは本当に大事なのだなとしみじみ思いました」「またやりたいとはほとほと思えませんが 回復食一食目はスッキリ大根を食べました。とてもスッキリします」と記し、大根の回復食の写真もアップしている。

 この投稿に対して、「生まれ変わったばっさーは、ますます魅力的だね」「やってみたいけどそんな根気ないや」「頑張る翼かっこいい」などのコメントが寄せられていたのだが、一方でこんな懸念も…。

「『バストは大丈夫?』『足のむくみが取れるのはいいけど、胸の方が心配』といった指摘が出ています。ファスティングは最近、若者の間で流行っていますが、そこで常に気にする人が多いのが、バストサイズも落ちてしまう点。そもそもダイエットしながら胸の大きさをキープすることは、女性にとって大きな課題ですからね。実際、トレーニングなども合わせて行わなければサイズダウンしてしまう場合があるようなので、本田にも心配する声が出たのでしょう」(エンタメ誌ライター)

 ファスティングによって、本田の推定Dカップだった色白バストがどうなっているか注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…