芸能

西野未姫、「ダメ男元彼」を嘆くも“夜のアグレッシブさ”に公開ツッコミ!

 元AKB48・西野未姫が2月20日放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)に出演し、過去の交際相手について赤裸々なトークを展開している。

 2012年にAKB48の第14期生オーディション最終審査に合格し、17年3月まで同グループに在籍していた西野。かつての恋愛事情に関する話題になると、元カレの中に若手俳優がいたと明かしつつ、「親にGPSを付けられてるから、家でしか会えない」と告げられ、屋外でのデートは皆無だったという。

 その男性と会う際は「いつも夜の23時に家に呼ばれて、朝の7時に帰らされた」と振り返る西野だが、「その次に付き合った人もヤバくて」と前置きして、「束縛がヤバいのに」他の女性とこっそり関係を持たれるという憂き目に遭ったことを告白。

 西野の“元カレトーク“は止まらず、「その後も変な男で。最初は凄い良かったんですけど…」と儚い結末を迎えた美容師とのほろ苦い恋を嘆いていた。

 西野は、17年のAKB48卒業後に付き合った男性らを「変なダメ男ばっかり」と表現。ただ、一連の赤裸々トークを聞いていた番組MCでお笑いタレント・博多大吉からは「トータルで言えることは、ホイホイと(男性の)家に行っちゃダメ。お泊まりが早い。すぐ泊まる」とアグレッシブな西野のスタイルを突っ込まれている。

「元アイドルらしからぬ、卒業後の奔放な恋愛事情を語った西野ですが、3人ともに『変なダメ男ばっかり』とバッサリ。ただ、これにはネットから『なんでも話すのはどうかと思う』『深夜の自宅でしか会えませんって…よく納得できるね』『類は友を呼ぶということわざをご存知なのでしょうか』『今度は誰かの本命になれるよう自分を磨いてくださいね』とのやや、呆れているような声が集まっています。西野は19年6月放送の『DTテレビ』(ABEMA)でも、AKB卒業後、初めてできた彼氏にメンタルをズタズタにされたと振り返り、『夜23時に呼び出されて、朝6時に帰る』という扱いだったと説明。これに、チュートリアルの徳井義実からは『それは事実上のセフーレですね』とのツッコミを受ける始末に。西野自身は大真面目な恋愛だったようで、『病み続けて、涙が1日2リットル出ました。泣いて泣いて、泣き濡らして』とも語っていました」(テレビ誌ライター)

 号泣するよりも、まずは大吉のアドバイス通り、男性の家にホイホイと泊まりに行く“フットワークの軽さ”を見直すべきかも!?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」