芸能

8人のやさぐれ女子アナ「下剋上フェロモン現場」(3)日テレ・滝菜月はSNSでボヤキ投稿

 フジテレビの竹俣紅アナ(24)には「E級バストのもちぐされ」を指摘する声が。バラエティーのスタッフが明かす。

「元美人女流棋士の女子大生タレントを経て、鳴り物入りで昨年に『ドラフト1位入社』を果たしたにもかかわらず、いまだポジションを確立できずに伸び悩んでいる。本人も、どういう路線で行くべきなのか悩んでいて、局内では『このままだと第二の永尾亜子アナになってしまう』と危惧する声も出始めています」

 10月にリニューアルした「Live NEWS イット!」ではお天気コーナーの担当に追いやられた竹俣アナ。この起用についてスタッフは「もったいない!」と憤慨するのだ。

「入社前後から竹俣アナのバストは急成長していて、現在では推定Eカップ。これからの寒い季節、お天気コーナーの外ロケでは厚着でバストが隠れてしまう。せっかくの爆乳が台無しです」

 竹俣アナと同期の小山内鈴奈アナ(26)にも心配する声が寄せられている。

「昨年、小山内アナはYouTubeでゲーム実況チャンネル『リセットボタンはオサナイで!』をスタートさせたのですが、不人気で開設から1年足らずで打ち切りに。でも、周辺からは『もっと我慢して続けさせれば‥‥』という意見が出ているんです。当初やる気満々だった反動で、本人のテンションは下がる一方ですよ」(構成作家)

 日本テレビ・水卜麻美アナ(35)は変則生活で、もっぱら「限界説」が。きっかけは10月18日放送の「午前0時の森」。自らの1日のスケジュールを円グラフで公開したのだが、

「『ZIP!』がある平日は深夜2時起きで、いつ体を壊してもおかしくない状況。彼女に近いスタッフいわく『普段は明るく振る舞っているものの、たまに暗い顔をしている』とのこと。とはいえ、激務が続いてウエストが引き締まり、バストの膨らみが際立っているんです。不謹慎ながらついつい局内でもガン見してしまいます」(日テレ関係者)

 後輩の滝菜月アナ(29)はSNSへの投稿で「やさぐれ派」ぶりが露呈した。

「慕っていた久野静香(33)が退社し、アナウンス部で孤立している印象です。9月にはインスタグラムで髪を切ったことを報告したのですが『伸びていたこともあまり気づかれず、切ったこともあまり気づかれません』とボヤいていましたね」(日テレ関係者)

 かつて和久田麻由子アナ(33)や桑子真帆アナ(35)とNHKのエースの座を争った上原光紀アナ(31)は、今年の番組改編で予期せぬ憂き目を見ている。

「今春から担当番組が『NHKニュース7』から『首都圏ネットワーク』に変わったことで“ローカルアナ”に格下げされてしまった。彼女の不遇は芸能事務所も引き抜きのチャンスだと捉えている。アナウンサーとしての力量はもちろん、グラマラスで張りのあるDカップ乳の持ち主ですから、フリーになっても活躍できるでしょう」(NHK中継スタッフ)

 一念発起。膨れるのはオッパイだけにして、下剋上フェロモンで視聴者を楽しませてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白