芸能

工藤静香が24年ぶり出場の「伏線」とステージママ炸裂の「イヤな予感」

 24年ぶりに「NHK紅白歌合戦」に返り咲いた工藤静香が、さっそく自身のインスタグラムで98年の紅白で歌った「きらら」のジャケット写真を掲載した。ファンに感謝を伝えるなど喜びを爆発させているが、どちらかと言えば、世間はシラケ気味のようだと、エンタメ誌ライターは言う。

「今年の紅白の女性歌手の目玉としては、中森明菜や松田聖子、中島みゆきなどの名前が挙がっていましたが、出場者リストをパッと見て目立つのは、工藤と篠原涼子ぐらい。明らかに期待値からランクダウンした人選ですからね。NHKは工藤を選んだ理由を『節目の35年』『今なおアイドルの輝きを失っていない』としていますが、それなら他にも該当者はいくらでもいるのではないか、と思ってしまいます」

 さらに工藤については、こんなガッカリな見立てもあるという。芸能ライターによれば、

「工藤は9月22日にNHKで放送された『SONGS』に出演した際、長女Cocomiが吹くフルートに乗せて『黄砂に吹かれて』を熱唱しており、これが紅白出場の伏線だったという説です。そもそも、これまで工藤は紅白にはそこまでこだわってはいなかったものの、そこにNHKからオファーが舞い込みCocomiとの共演を視野に入れたといいます。ステージママとしては、多くの国民が視聴する紅白で娘を大々的に売り出したいと思うのは当然ですからね」

 事実なら、工藤ファンとしてはドッチラケ。紅白が娘の宣伝の舞台に使われるのか、注目したい。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】