芸能

バトル勃発「加藤浩次VS次に来る海外スイーツ2種」勝つのはどっちなのか!?

 1月11日放送の「スッキリ」(日本テレビ)で「2023年に来る海外スイーツ」を検証した。岩田絵里奈アナが「今年は何が来るのでしょうか」とMCの加藤浩次に問いかけるやいやなや、

「もう、爆発的に流行るものなんてないよ。個々の時代だし、それぞれが自分の好きなものを追いかける。みんなが一斉に注目することなんてないから、小爆発はあっても大爆発はないね」

 これまで流行ったカヌレやマリトッツォといった海外スイーツに対しても「そんなに流行った気がしない」と一蹴したのだった。

 確かに昨年、小ブームを起こしたマリトッツォはすでに下火になっているし、ティラミスやナタデココといったスイーツが定番化する、という現象には至っていない。

 とはいえ、岩田アナが紹介するブレイク予想のスイーツがスタジオに登場すると、加藤が試食。「これはウマイ!」と驚いた様子だった。それはブラジルの「プヂン」とトルコの「ターキッシュデライト」というもので、加藤の食レポによれば、

「プヂンはプリンよりも硬い食感で、甘さが絶妙。ターキッシュデライトは、俺が好きな味。なんか食べたことがある。甘い餅にナッツが入っていて、ゆべしみたい」

 テレビ番組で紹介されると、一気にブームになる現象は多々起こるが、ウマイと喜びながらも「でもやっぱり小爆発であって、大爆発にはならないよ」と抵抗する加藤の言い分が当たるか、それとも新たな時代の流れが勝つか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察