芸能

テリー伊藤対談「大久保佳代子」(2)大学で初めて男ができた?

20140724h

テリー 初めは、いったい何がきっかけでお笑い芸人になろうと思ったの?

大久保 それが、芸人になろうとは思っていなかったんです。ビートたけしさんが大好きだったんですけど、お笑いっていう職業をリスペクトしすぎていて、まさか自分がなるなんて思っていなかった。ただ、大学で光浦(靖子)さんのお笑いサークルに誘われて。

テリー 光浦は高校からの友達なんだっけ。でも、大学はたしか別々でしょう。大久保は千葉大で。

大久保 光浦さんは外語大。

テリー どういういきさつで、お笑いサークルに?

大久保 私は大学でスカッシュサークルに入るんですよ。大学デビューして、楽しいキャンパスライフを送ろうと思って。ただ、若干「ブス」だったんですよね。新歓コンパに行ったら、大学生っていちばん残酷な時期で、かわいい子の周りに男がわぁっと群がった。

テリー 寄っていくのを、目撃しちゃいましたか。

大久保 はい。それで「何だよ、このサークル」って思っている時に、たぶん光浦さんも向こうの大学で同じ思いをしていたのか。

テリー ハハハ、いいね。

大久保 「大久保さん、早稲田にお笑いサークルがあるから、そこに一緒に行かない?」と言われて行くようになりましたね。ネタを作って発表会をして、卒業公演もし、記念に人力舎のネタ見せライブに行ったら、人力舎に入れてくれて、そこからもうトントン拍子ですよね。

テリー 最初のサークルで自分は日陰だったわけじゃない。お笑いのサークルではどうだったの?

大久保 男女関係や恋愛に関しては、私たちレベルの女の子と同じくらいオタクな、ダッサい男子がいたんですよ。だから、そこで「あの人いいよね」っていう恋愛は何となくできるんです。はたから見たら中の下の下ぐらいなんですけど。

テリー ハハハ。

大久保 だから成立はするんですよ。それなりに楽しめました。

テリー ということは恋をしていたんだ。

大久保 してましたね。ろくでもない男でしたけど。

テリー 高校時代にもそういう男女関係はあったの。

大久保 いやいや、高校3年間は男子と口をきいてなかったので、大学に入ってからです。

テリー 大学でつきあったのが初めての男性だ。

大久保 そうですね。つきあってる、と言っていいかわかんないんですけど。

テリー どういうおつきあいだったの?

大久保 彼はたしか、有楽町線の要町(かなめちょう)に住んでいて。

テリー ああ、知ってる。要町は「西部警察」のロケが多かったんですよ。水商売の女の子もたくさん住んでいて、町にけっこう「哀愁」がある雰囲気だよな。

大久保 まさに哀愁ですね。共同玄関のきったないアパートで、開けたら1号、2号、3号みたいな部屋番号が付いていて。電話で「ビールを買ってきてよ」って言われて、ビールを買って持っていったら、もうすでにその男の子と、知っている女の先輩が飲んでいたりして、1時間ぐらい一緒に飲んだら「お前、そろそろ終電じゃない」って言われて、帰されて。

テリー ええっ、抱いてくれないの?

大久保 のちのち抱いてくれました、3~4回。

テリー でも「早く帰れ」って、おかしいじゃない、自分の彼女なのに。

大久保 だから、彼女じゃなかったんじゃないですかね。でも、私は楽しいんですよ。「夜、部屋に呼び出してくれるなんて」と、恋愛が始まっていると思っていたので。

テリー まあ抱いてくれたならいいか。

大久保 そうですよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴