スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「マテンロウレオが頂点に立つ」

 GIに格上げされて7回目になる大阪杯が今週のメイン。桜花が満開になり、本格的な競馬シーズンを迎えるが、中距離競走は世界的に価値が上がり、それだけに年々顔ぶれが豪華になってきている。

 今年もなかなかのメンバーがそろったが、特徴としては既成勢力より、上り坂にあり、勢いに乗るスター候補が居並ぶこと。海外で活躍しそうな馬もいる、実に層が厚いGI戦。見応え満点と言っていいだろう。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単による万馬券は5回(馬連は3回)。この間、1番人気馬は8勝(2着4回)、2番人気馬は2勝(2着3回)。

 人気どころから薄めに、という結果が多く、どちらかというと本命サイドの決着が多いのだが、近4年は1番人気馬が連対しておらず、中穴傾向のGI戦と言っていいだろう。

 年齢的には勢いに乗る4歳馬が10勝(2着6回)、充実著しい5歳馬が8勝(2着7回)と圧倒的。こうしたデータを頭に入れて顔ぶれを見てみよう。

 昨年度の最優秀3歳牝馬スターズオンアース(桜花賞、オークス)、同最優秀古馬牝馬ジェラルディーナ(エリザベス女王杯)が筆頭格だが、キラーアビリティ(ホープフルS)、ジャックドール(札幌記念)、ダノンザキッド(ホープフルS)、ノースブリッジ(AJCC)、マテンロウレオ(きさらぎ賞)、マリアエレーナ(小倉記念)、ラーグルフ(中山金杯)、ワンダフルタウン(青葉賞)など4歳、5歳馬のスター候補が目白押し。

 さらに昨年の覇者ポタジェ、ヴェルトライゼンデ、ヒシイグアスなど実力派も健在とあって、予断を許されぬ激しい競馬が展開されそうで、馬券的には難解な一戦と言ってよさそうだ。

 4歳、5歳の活躍が目立つと書いたが、その中に穴とみられる馬も多く、目移りしてしまうが、最も期待したいのは、4歳馬のマテンロウレオだ。

 力量は十分だが、この顔ぶれの中に入ると実績から人気はイマイチ。穴党としては格好の狙い目となる。

 前走の京都記念は2着。勝ったドウデュースが強すぎた印象で、3馬身半も斬り捨てられてしまったが、他馬に寄られたりして、道中は決してスムーズではなかった。それにひと息入って、やや体に余裕も感じられた。なので上がり目は十分。ここでも互角以上に渡り合えるとニラんでいる。

 昨春までは折り合い面に難があった馬だが、膝の骨折で半年休養をしてからは【1】【2】【5】【2】着と走りっぷりが安定してきたのもいい。唯一連対を外して5着に敗れたのはラーグルフが勝った中山金杯。それでも勝ち馬とはわずかコンマ1秒差の勝負だったことは、評価していいだろう。

 この中間は順調そのもの。2週前は長めからビッシリ追われて、ラスト1ハロン11秒6としっかり反応するなど気を吐いた。そして1週前の追い切りもリズミカルで、実にいい動きを見せていた。

 昆調教師が「ここにきて気持ちの面で大人になって風格さえ出てきた。成長を感じる」と目を細めるほどで、仕上がり状態に関しては、問題なしとみていいだろう。

 阪神は前走の2着を含めて〈2 1 0 0〉と得意にしている舞台。しかも血統がいい。3代母レディーズシークレットはBCディスタフなど米GI11勝を挙げた女傑。一族、近親に活躍馬が多く、そうした血統からも頂点に立っていい存在である。チャンスは大いにあるとみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道