スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「菊花賞に向けてカレンルシェルブルが一発」

 今週は3日間開催。土曜日(9月18日)は平地の重賞はなく、日曜日(19日)に中京でローズS、月曜日(祝日、20日)は中山でセントライト記念がメインとして行われる。前者は秋華賞、後者は菊花賞のトライアルレースで、3着までに優先出走権が与えられる重要な一戦だ。

 今年で75回を数えるセントライト記念は歴史ある重賞だが、近年ここで勝ち負けして菊花賞(芝3000メートル)も──という馬は少なくなってきている。来週、今年も中京で行われる神戸新聞杯のほうが、セントライト記念よりも距離が200メートル長い2400メートルで行われることで、より重きを置かれているからだ。

 それでも15年の勝ち馬キタサンブラックが本番をモノにしたり、ナカヤマフェスタ(09年)やフェノーメノ(12年)など、その後もGI戦で勝ち負けした馬はおり、今後を見据えて目の離せない一戦であることは確かだ。

 馬券的な傾向は、どうだろう。02年に馬単が導入されて以降、これまでの19年間、その馬単での万馬券は5回(馬連は2回)。この間、1番人気馬は6勝(2着6回)、2番人気馬は3勝(2着4回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は6回。定量戦ということで比較的順当に収まっており、大きく荒れることは少ない。春のクラシック戦線で名を連ね、本番でも有力視される馬たちが出走してくるからだろう。

 今年のダービーを使った組では、ヴィクティファルス、グラティアス、タイトルホルダー、タイムトゥヘヴン、クラシック戦線をにぎわした中からアサマノイタズラ、オーソクレース、ワールドリバイバルなどが参戦してくる。

 他にも重賞で好走実績のあるノースブリッジ、ルペルカーリア、レッドヴェロシティ、そして俗に言う、上がり馬のソーヴァリアントなども争覇圏内とみられ、顔ぶれ多彩で馬券的にもかなりおもしろそうだ。

 人気は弥生賞を制し、ダービー6着のタイトルホルダーと、ホープフルS2着のオーソクレースの2頭が分け合う形と思われるが、穴党として最も期待を寄せたいのは、カレンルシェルブルだ。

 まだ2勝馬で有力どころに比べると格下だが、ここにきての成長ぶりが著しく、この夏の上がり馬的な存在。人気どころは休み明けが多いだけに、勢いに乗って足をすくうことは大いに可能とみての狙いだ。

 それにしても前走(小倉芝2000メートル、1勝クラス)の勝ちっぷりはよかった。向こう正面過ぎからロングスパートをかけ、そのまま後続を寄せつけることなく、2着馬にコンマ5秒差をつける完勝。だからこそ陣営は「上(のクラス)でも‥‥」と意識し、強気でぶつけてきたわけだ。

 この中間は順調そのもの。1週前追い切りも軽快で実にリズミカルだった。

「体重は変わらないが、筋肉がつき、全体的にたくましくなった。距離延びていい馬。なんとか菊花賞に向かわせたい」

 と、厩舎スタッフが口をそろえるほどで、力を秘めていることは明らかだ。

 父ハービンジャー、母の父ハーツクライ、そして母系は北米の一流血脈。血統的にみても長丁場は合いそうで、奥は深そう。速い時計での決着に対応できており、一発があっても不思議はない。

 逆転候補は、ソーヴァリアントだ。こちらも目下連勝中の上がり馬で、前走の藻岩山特別(2勝クラス・札幌芝2000メートル)は、古馬を相手に2着馬にコンマ6秒差をつけるワンサイドゲームだった。

 オルフェーヴル産駒で、いかにも本番向きという馬。中間はいたって順調で、好走必至とみている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…