スポーツ

世界水泳「松岡修造・華丸大吉・橋本環奈」で大勝負をかける「8夜連続ゴールデンタイム放送」の勝算

 異例の放送体制は大丈夫なのか。テレビ朝日系列が7月14日から30日まで行われる「世界水泳福岡2023」を7月23日から30日まで、8日間連続ゴールデンで放送する。22年ぶりに日本で開催される水泳世界選手権。地上波のゴールデンタイムで大勝負をかけるテレ朝だが、はたして高視聴率は取れるのか。不安視する声が局内からも上がっているのだ。テレビ朝日スタッフが語る。

「22年前の『世界水泳福岡2001』ではイアン・ソープが圧倒的なパフォーマンスを見せ、マイケル・フェルプス、北島康介も出場しました。シンクロ立花美哉・武田美保組の金メダル獲得もあって、高視聴率を連発しました。そのおかげで当時は社員食堂が無料となり、ボーナスが大盤振る舞いされた。放送を主導していた早河洋常務(現会長)の肝いり案件で、その時の成功体験が今回の異例の放送体制につながっているといいます」

 当時を知る局員は大いに盛り上がっているものの、

「若手局員は白い目で見ていますね。局内のジェネレーションギャップが激しさを増していますよ。系列局も動員して中継にあたる予定で、相当なカネと人を注ぎ込んでいます」(テレビ制作スタッフ)

 番組はメインキャスターに松岡修造、応援団に博多華丸・大吉、橋本環奈を起用。B’zの「ultra soul」をリピートで流し続けるプロモーションを展開しているが…。

「おなじみの松岡の熱血応援が『暑苦しい』『ちょっと見ててツライ』と、若い層に刺さっていないのが気がかりですね。煽りすぎる中継は、時代にそぐわないので。松岡の絶叫が、暑さの厳しい夜にこたえることになるかも」(前出・テレビ朝日スタッフ)

 スター不在といわれる水泳界だが、入江陵介、大橋悠依、松元克央、難波実夢といった面々の活躍で、高視聴率獲得となるだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?