芸能

恐怖!オンナと会って帰宅したら枕が刃物でズタズタに…/40年経っても売れない浅草芸人の「破天荒交遊録」(8)

「女遊びは芸の肥やし」なんて昔ながらのことをしてたら、今は「不倫」だなんだって騒がれて大変だよね。「不倫」はやっちゃいけない。「不倫は文化」なんて言った芸能人もいたけど、とんでもない!

 と、ここまでは建て前。ホンネとしたら、まぁ、やっちゃうかな。

 オイラの場合、ヨイショで女のコをノセるのが得意なのよ。一緒にカラオケ行くでしょ。「うまい、サイコー!」「もう1曲!」「アムロちゃん以上!」なんてヨイショしながら酒も飲んだりしてると、どんどん気分がエスカレートしちゃう。そのあげくに「ちょっとそこまで」ってホテルに入ったり。

 営業の時と同じで、オイラは体質的にサービス精神旺盛なんだな。お陰で実は結婚してからもずっと「不倫相手」が途切れなかった。もちろん女房には気付かれないようにしてたよ。だけど、いつも隠し通せるもんでもない。

 とある不倫相手と会って、自宅に帰ってきた晩かな。絶対に気付かれてないと油断して寝ようとしたら、枕が刃物でズタズタに切られてたことがあった。

「バレてたか!」

 背筋が凍り付いたね。とっくにわかってたんだ。口でいろいろ言われるより、ずっと怖い。

 修羅場となれば、もっとヒドい場面もあった。ちょうど不倫相手とホテルの一室にいたの。そしたらケータイに電話がかかってくるんだな。どこからかの電話か見たら、女房から。とりあえず出てごまかそうかと出てみたら、むこうはどうやら状況を察知してる。

「誰かと一緒なの?」

 さりげなく聞いてきたり。そしたら不倫相手が、驚くべきひと言を吐いたんだ。

「私、出る」

 冗談じゃないよ。ここで電話に出られたりしたら、家庭崩壊もいいとこだよ。彼女を必死の思いで引き留めて、どうにか最悪の状態にはならないようにした。やっぱりオイラも、大事なのは女房と家庭なのよ。

 それからその不倫相手とは気まずくなって、すぐに別れちゃったね。

なべかずお:1957年(昭和32年)、北海道滝川市の生活保護家庭で生まれる。レンガ職人、とび職人など様々な仕事を経て1984年、浅草フランス座でお笑い芸人の修業を開始。その後、羽生愁平と漫才コンビ「ビックボーイズ」を結成し、現在に至る。2006年には「真打」昇進。2008年にラップCD「たまらんぜ」をリリースし、2023年には自伝本「たまらんぜ!芸人人生七転び八転び」(山中企画)を出版。漫才協会には30年以上も在籍しているが、後輩はどんどん理事になり、ついには約10年後輩のナイツ塙宣之が会長になったのに、自身は一度も理事にもなったことがなく、「永遠のヒラ会員」と呼ばれる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道