芸能

問題発言で受難…お騒がせ続きの真木よう子で思い出した「パッチギ!」の呪い

「だれかtoなかい」(フジテレビ系)で新田真剣佑に「41にして孕ませられると思ったんですよ」と発言し、視聴者をドン引きさせた真木よう子が受難続きだ。

 真木にしてみれば、大好きな俳優との初対面で緊張し、ついはしゃいでしまったということなのだろうが、世の中、そんな好意的に見てくれる視聴者は少なく、「これが男女逆の立場だったらどうする?」「どう考えてもアウトだ」などとボコボコにされている。

 しかもその番組を見た渦中のお騒がせ芸人、元プラス・マイナスの岩橋良昌が「あ、俺をエアガンで撃った人だ」とXにポストし、翌日にはそれが真木だということを暴露したものだから大騒ぎに。これについて真木は自身のTikTokライブ配信内で「エアガンやってねえってんだよ!」と否定するも、岩橋による第2第3の矢が放たれ、硬直状態が続いている。

 真木といえば、デビューのきっかけとなった無名塾時代のエピソードが…。マラソンが嫌でそのままバックレた、という逸話もある。あの仲代達矢の無名塾に、中学の時に入ったというのも驚くが、すぐに辞めてしまったのにはもっと驚く。ほかにも挙げればキリがないほど、伝説にはコト欠かない。コンプライアンスづくしの令和の芸能界では、なかなか貴重な存在でもある。

 一連の騒動で「パッチギ!」の呪いを思い出した。2005年製作の井筒和幸監督映画だ。キネマ旬報1位、毎日映画コンクール最優秀作品賞、ブルーリボン賞作品賞など数々の映画賞に輝いた。

 が、その輝かしい経歴とは対照的に、出演者が次々と不幸に見舞われている。主人公を演じた塩谷瞬は二股交際で芸能界から失脚。さらに高岡蒼佑も韓国ドラマをゴリ押しするフジテレビにモノ申して玉砕。その妹役、沢尻エリカも麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。小出恵介も木下ほうかも、お騒がせ芸能人となった。そして今回、真木も…。

 主要メンバーで無傷なのは浪岡一喜、江口のりこくらいのもので、ここまで縁起の悪い映画は前代未聞だろう。それを踏まえてあらためて映画を見返すと、いろいろ発見があるのでは。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」