社会

「イスラム国殺害予告事件」は“邦人誘拐ビジネス”の始まり?(1)IS国の狙いとは?

20141126logo

 1月20日、ついにイスラム国が日本人2人に殺害予告を出した。日本政府は必死の交渉を行っているが、相手は烏合の衆のテロ集団などではない。豊富な武器と弾薬を所有し、その資金源は石油の密輸と掠奪、そして誘拐である。イスラム国兵士はすでに次の邦人を標的として捉えている!

「日本政府と日本国国民に告げる」

 こう始まるビデオ声明が、突如動画サイトに掲載されたのは1月20日午後2時45分頃のことだった。

 映像には座らされた2人の日本人。その背後にはナイフを持った黒ずくめの覆面姿の男が。程なく1人が昨年8月18日にイスラム国(以下IS国)に拘束された湯川遥菜さん(42)、もう1人が昨年10月25日にシリアからIS国の支配地域に向かったジャーナリストの後藤健二さん(47)であることがわかる。

 そして覆面姿の男はこう宣言したのである。

「日本国民へ。お前たちの政府はIS国と戦うために2億ドルを拠出するという愚かな決断をした。お前たちの市民の命を救うために2億ドルを支払うという賢い決断を日本政府にさせるため、圧力をかける時間はあと72時間」

 しかも、支払わない場合、

「このナイフが悪夢になるだろう」

 と殺害を予告したのだ。

 事件は安倍晋三総理(60)の16日からの中東訪問と関係している。17日にエジプトを訪れた総理は、IS国と戦う周辺各国に、総額で2億ドルの支援を約束したのである。

 この2億ドルはあくまで人道支援が目的だが、IS国は日本が牙を剥いたと一方的に解釈した。身代金「2億ドル」も「敵に払う金と同額を払え」というメッセージであることは明らかだ。指定された「72時間」にも意味があった。中東に詳しい軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が解説する。

「3日間という漠然とした時間ですが、向こうは時間の単位をあまり気にしません。アラブ圏の感覚では『すぐ決めろ』ということです」

 実は昨年11月、後藤さんの家にはIS国から身代金の要求メールが届いていた。13年9月、その前身の組織に拘束された経験のある報道カメラマンの横田徹氏が続ける。

「(要求が来てから)交渉はしていたはずですが、それは交渉の余地のある状態です。動画が出てしまうとその余地はなく、払うか払わないかしかない」

 昨年8月以降、IS国がアメリカ人を3人、イギリス人、フランス人各1人を公開処刑しているのは周知のとおり。まさに待ったなし、の状況になってしまったのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?