芸能

菅田将暉「民王」SPから連ドラには登場したあの大物俳優が消えた!

20160328suda

 4月15日に、スペシャルドラマ「民王」(テレビ朝日系)が放送されることが発表された。同作品は、昨年の夏に放送されていた連続ドラマの続編となる。

「『民王』は、『半沢直樹』『下町ロケット』(共にTBS系)など次々とヒットを飛ばす小説家・池井戸潤の原作を『SPEC』などの西荻弓絵が脚本を務め、ドラマ化されました。そして放送後は、ドラマアワードやギャラクシー賞を総ナメし、視聴者からも高評価を得たことで、続編となるSPが決定したようです」(テレビ誌記者)

 そんな「民王」の主演は、遠藤憲一と菅田将暉が務め、連続ドラマでは、お互いの心が入れ替わるという難役に挑戦。両者のコミカルな演技や、笑いあり涙ありの怒涛の展開が視聴者から好評を博し、終了からわずか半年で続編決定となった。

 だが、今回のスペシャル放送にあたり、連続ドラマ時代、重要なライバル役を演じていたある大物俳優の名前がキャストから消えているという。

「連ドラでは主人公たちと敵対する役で、物語を盛り上げていたのが草刈正雄です。しかし今回、SP版のキャスト一覧には名前がありません。現在、彼はNHKの大河ドラマ『真田丸』に出演しており、堺雅人演じる主人公の父親役として、実質、主演ともいえるほどの出番をこなしています。そのため、多忙なスケジュールが重なり、今回の『民王』には参加できなかったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 今回はスペシャルのほか、翌週の4月22日には相武紗季らを迎え、「民王」のスピンオフドラマも放送される。この勢いに乗り、もし今後、シーズン2ということになれば、その時はぜひ草刈の再登場をファンは望んでいることだろう。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」