社会

見た!聞いた!本当にあった「ながらスマホ」ファンタジスタの劇的3態

 スマホの普及とともに社会問題化している「ながらスマホ」。歩いている時にメールやLINEが来たり、昼食中に手持ち無沙汰でネットを見たりと、つい、やってしまうことがあるものだ。

 ここでは、そんな凡用な「ながらスマホ」とは一線を画したファンタジスタたちをご紹介したい。

(1)立ち用トイレを台にする「ノマドスタイル」

 用を足しているときも見たいスマホ勢に多いのは、片手にサオ、片手にスマホの形。しかしこれでは、サオのコントロールに不足があり足元を汚してしまう。それに対し、あくまで両手はサオに集中。立ち用の便器を簡易台にして閲覧するスタイルなのだ。パッと見の「ながら感」もなく、実に鮮やかである。

(2)会議中も何かの計算をしているように見せる「タブレットスタイル」

 無関係な部署の報告を聞くだけのような「退屈な会議」の最中も、いかにもスマホを眺めているようでは役員の心象を悪くしてしまう。そんな時は、タッチペンで画面を操作し、時折、大袈裟にうなづいたりしていると、「原価率の計算でもしてるのかな?」などと思わせることができる。この技を使って「アサ芸プラス」を読もう。

(3)風呂に入っている時もスマホがしたい「ビバノンノンスタイル」

 ゆっくりと湯に浸かりたいが、どうにも間が持たないという向きが実践しているのが、「ジップロック」に入れて防水仕様にする方法。中には、男性用ゴムを被せるという猛者も。何でも、ジップロックよりも操作感がいいのだとか。ややもったいない気がするのと、裏表を間違えるとスマホがヌルヌルになるので気をつけよう。

「何もそこまでしてスマホをしなくても」という気もするが、とにかく歩きながらや自動車、自転車運転中のスマホは本当に危険なので絶対に止めていただきたい。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」