女子アナ

大橋未歩アナ、フリー初仕事「日テレ特番」出演の心境を“悶絶”告白!

 元テレビ東京アナの大橋未歩のフリー転身後、初のテレビ出演が3月20日放送の3時間特番「ザ! 世界仰天ニュース18年目記念生放送3時間SP」(日本テレビ系)だ。テレビの収録は約4カ月ぶりだという。3月14日に開設した公式ブログで収録の感想を明かしている。

〈ゲストって、む、む、難しいですね。この難しさを身をもって知ることができて、また勉強になりました。まず、目線。どうしてもカンペ見ちゃう。局アナ時代のクセ(笑)そして、せっかく話を振ってくださっているのに、話している間になんで私がしゃべってんだろう…なんで、私の話を、芸能人の方々が聞いてくれているんだろう…って、どんどん自信が無くなってきて、話が尻すぼみ(涙)〉

 局アナ時代の司会進行役でなく、ゲスト出演ということで、かなり勝手が違った様子。 それでも〈でも、もう、そういうことで食べていくんだって、その覚悟を持たなくてはならないんだってと自分に言いかせて臨まなければ、皆さんにも失礼です(涙)おーい!!テレビってどうやるんだっけーーーーーーーー!!!!!!(涙)って、現在の心からの叫びです(笑)〉とユーモラスにつづっている。

「大橋は昨年12月に15年間の局アナ生活を終え、退社。元TBSアナで現在フリーキャスターの雨宮塔子、タレントの三田寛子らが所属するプントリネア事務所に所属しています。ブログの読者数は約1100名と少ないんですが、もっか新登場ランキング1位を独走中だ。局アナ時代から続けている公式ツイッターのフォロワー数は3万2000近くで、連日、テレ東時代の後輩や仕事相手からの温かいコメントが飛び込んできますが、上からも下からもその誠実な人柄が慕われ、愛されているのがわかります。仕事への真摯な取り組みや人とのつながりを大事にする姿勢が高く評価されていますね」(芸能ライター)

 ブログでは中古品大好きで、化粧品から洋服に至るまで「メルカリ」で購入したり、脳梗塞で休職中に読んだ「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著)に感銘を受けたり、首の動脈に入れたステントのおかげで脳梗塞の再発の心配がないことをつづるなど、健康面のアピールも万全。このぶんなら、フリーアナでトップの人気を誇る加藤綾子をしのぐ売れっ子に成長するのも決して難しくはなさそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
3
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
4
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
5
南明奈 「ノロケまくり交際」よゐこ・濱口にジャニーズ元カレが嫉妬?