女子アナ

大橋未歩アナ、フリー初仕事「日テレ特番」出演の心境を“悶絶”告白!

 元テレビ東京アナの大橋未歩のフリー転身後、初のテレビ出演が3月20日放送の3時間特番「ザ! 世界仰天ニュース18年目記念生放送3時間SP」(日本テレビ系)だ。テレビの収録は約4カ月ぶりだという。3月14日に開設した公式ブログで収録の感想を明かしている。

〈ゲストって、む、む、難しいですね。この難しさを身をもって知ることができて、また勉強になりました。まず、目線。どうしてもカンペ見ちゃう。局アナ時代のクセ(笑)そして、せっかく話を振ってくださっているのに、話している間になんで私がしゃべってんだろう…なんで、私の話を、芸能人の方々が聞いてくれているんだろう…って、どんどん自信が無くなってきて、話が尻すぼみ(涙)〉

 局アナ時代の司会進行役でなく、ゲスト出演ということで、かなり勝手が違った様子。 それでも〈でも、もう、そういうことで食べていくんだって、その覚悟を持たなくてはならないんだってと自分に言いかせて臨まなければ、皆さんにも失礼です(涙)おーい!!テレビってどうやるんだっけーーーーーーーー!!!!!!(涙)って、現在の心からの叫びです(笑)〉とユーモラスにつづっている。

「大橋は昨年12月に15年間の局アナ生活を終え、退社。元TBSアナで現在フリーキャスターの雨宮塔子、タレントの三田寛子らが所属するプントリネア事務所に所属しています。ブログの読者数は約1100名と少ないんですが、もっか新登場ランキング1位を独走中だ。局アナ時代から続けている公式ツイッターのフォロワー数は3万2000近くで、連日、テレ東時代の後輩や仕事相手からの温かいコメントが飛び込んできますが、上からも下からもその誠実な人柄が慕われ、愛されているのがわかります。仕事への真摯な取り組みや人とのつながりを大事にする姿勢が高く評価されていますね」(芸能ライター)

 ブログでは中古品大好きで、化粧品から洋服に至るまで「メルカリ」で購入したり、脳梗塞で休職中に読んだ「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著)に感銘を受けたり、首の動脈に入れたステントのおかげで脳梗塞の再発の心配がないことをつづるなど、健康面のアピールも万全。このぶんなら、フリーアナでトップの人気を誇る加藤綾子をしのぐ売れっ子に成長するのも決して難しくはなさそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”