スポーツ

KKコンビのPL学園「甲子園連勝記録」を20で止めた東京・岩倉

「高校野球史上、最強のチームは?」

 ファンの間でしばしば論争になる永遠のテーマである。そしてこの論争の答えとして1、2を争う位置で必ず名前が挙がるのが桑田真澄&清原和博(ともに元・読売など)の“KKコンビ”が甲子園を席巻した時のPL学園(大阪)である。だが、このKKコンビ時代のPL学園は一度も春の選抜で優勝することが出来なかった。

 1年生時の夏の甲子園で全国制覇を果たしたKKコンビが初めて春の選抜に乗り込んできたのが1984年第56回大会だった。もちろん優勝候補の最右翼。だが、そんな大会で“打倒・PL”を果たしたのがこの大会で春夏通じて甲子園初出場を果たした岩倉(東京)だった。前年秋の明治神宮大会を制しているだけに有力校の一つには数えられていたが、PLを倒すだけの戦力があるかと問われれば、その実力は未知数。ただ、エース・山口重幸(元・阪神など)を中心とした新チームが結成されて以来、公式戦では負け知らずで不気味な存在ではあった。

 岩倉は初戦で近大福山(広島)と対戦、トップ打者である宮間豊智の活躍もあり、これを4‐2で退けると、続く金足農(秋田)戦は点の取り合いのすえ6‐4で振り切った。この試合、岩倉は守備陣が4失策を犯したばかりでなくエース・山口も乱調。それを5番打者の内田正行が救った。3ランホームランを放っただけでなく山口をリリーフして相手の反撃を絶ったのである。

 準々決勝の相手は取手二(茨城)。この夏に全国制覇を果たすことになる強敵だった。案の定、試合は接戦となったが、岩倉は2‐3と1点を追う8回表に5番・内田と6番・岩佐智の連続タイムリーで逆転に成功。そのまま4‐3で逃げ切った。準決勝の大船渡(岩手)戦は1‐1で迎えた9回裏に2番・菅沢剛が左翼ポール際へサヨナラ本塁打。毎試合のようにヒーローが代わる文字通りの全員野球でPLの待つ決勝戦へと進出したのである。

 迎えた決勝戦の前評判は圧倒的にPL有利。当然、大量得点差で勝利するものと思われていたが、試合は意外な展開に。PLのエース・桑田のピッチングは快調であった。速球はもちろん独特の大きなカーブが冴え、7回を終わって岩倉打線は13三振を奪われた。だが、岩倉の山口も踏ん張る。パームボールを中心とした変化球を低めに集め、PLの攻撃陣を手玉に取る。8回表を終わって打たれたヒットはわずか1本という快投だった。

 そしてこの山口の好投に打撃陣がようやく応えた。8回裏、2アウトながら一、二塁のチャンスをつかむと前日にサヨナラ本塁打を放った2番・菅沢がライト前へヒット。待望の1点が岩倉に入ったのである。9回表のPLの攻撃は1番からの好打順であったが、この1点を山口が守りきり、1‐0で勝利。岩倉が大金星を挙げると同時に、1981年の春の選抜から続けてきたPLの甲子園での連勝記録を20で止めたのだった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
田中みな実、“ワイヤー入りの胸用肌着を使用”でロケット胸強調が加速!