スポーツ

ドバイワールドカップデーで日本馬が3連覇する「これだけの理由」(2)クロスオブスターズとレイデオロの一騎打ち

 対する外国勢は一枚落ちか。秋山氏が続ける。

「日本馬の上位独占もありそうですが(笑)、注目は地元のベンバトル。昨年は英ダービーで5着。今年は1月のGIIIシングスピールS(芝1800メートル)から始動し、先行策から抜け出して優勝。続くGIIアルラシディヤ(芝1800メートル)もあっさりと勝っています」

 ただ、前走のGIジェベルハッタ(芝1800メートル)では2着だった。

「終始、外々を回され、負けてなお強し!にも見えますが、正直、前走のメンバーレベルで勝てないようでは‥‥という印象も拭えませんね」(前出・秋山氏)

 このレースで内をうまくさばいて勝利したブレアハウスともども、馬券のカギを握りそうだ。

「あとはGIのBCイルで2着したランカスターボンバー。ジワジワと伸びるタイプで、上位に顔を出しても不思議はないですね」(前出・秋山氏)

 昨年のGIで28勝と、世界新記録を打ち立てたA・オブライエン調教師の管理馬だけに、要注意の怖い存在だ。

 前記したジェンティルドンナのほか、15年ワンアンドオンリー3着、16年ドゥラメンテ2着、ラストインパクト3着と、日本勢が活躍している「シーマクラシック」。牧野氏が今回参戦する日本のGI馬3頭について、こう話す。

「最右翼はダービー馬のレイデオロ。前走の京都記念3着にしても、藤沢調教師は出遅れが響いた結果で、特に心配はしていません。メダルラッシュだった平昌五輪に例えて『出場選手は(本番を)万全で迎えるでしょう』と、愛馬の仕上がりのよさをアピールしていました。カジノドライヴの海外遠征では、体調面から直前の回避をスパッと決断しただけに、出走してくれば頭から狙いたいですね」

 サトノクラウンモズカッチャンも、狙いすましての参戦だ。牧野氏が続ける。

「前者は、陣営が『休み明けがいい』とあえて前哨戦を使わずに挑戦。後者の陣営は『使ってよくなるタイプ』と評し、前走の京都記念は4着に敗れたものの、グッと調子が上がっている点を強調していました」

 ただ、このレースには強力な外国勢が待ち構えている。昨年の凱旋門賞2着馬クロスオブスターズだ。

 前出・秋山氏の解説。

「レイデオロとの一騎打ちもありそうですね。凱旋門賞こそエネイブルには離されましたが、英GIインターナショナルSの勝ち馬ユリシーズをキッチリとかわした。末脚の切れもすばらしく、馬群でもまれながら抜け出してきた精神力の強さも光ります。今年3月6日の一般戦こそ2着でしたが、あくまでも叩き台。相手もBCターフの勝ち馬タリスマニックだけに、気にする必要はないでしょう」

 このコースは先行有利な傾向がある。脚質的に実力馬ポエッツワードアイダホの1着は厳しそうなだけに、ぜひ、日本勢の優勝を期待したいところだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!