政治

小池百合子の「花粉症ゼロ公約」は「やる気ゼロ」だった(1)石原都政時代から取り組んでいた花粉症対策

 日本全国に4000万人いるとも言われる花粉症患者の落胆の声が聞こえてきそうだ。日本気象協会は、花粉の飛散量について、前シーズンに比べて「非常に多い」(東北)、「多い」(関東甲信)との予測を出した。百合子サン、まさかあの公約を忘れたわけじゃ‥‥。

「(花粉症による)社会的なある種のロスを考えますと、林や森などの根源的な問題、さまざまな医療・医薬品の開発を含めて、花粉症ゼロという身近な課題に取り組んでいきます」

 昨年10月、衆議院選挙を前に新党「希望の党」を立ち上げた小池百合子東京都知事(65)。同氏が「希望への『道しるべ』」として掲げた「待機児童ゼロ」「満員電車ゼロ」など12項目の中でもとりわけ耳目を集めたのが「花粉症ゼロ」だった。

 それから半年。いよいよ花粉の季節がやってきた。

 だが、相変わらず街には眼鏡とマスクで顔を覆う老若男女の姿があふれ、耳鼻咽喉科は連日診察待ちの患者でいっぱいだ。

「小池さんが16年の都知事選、そして昨年の衆院選で掲げた『花粉症ゼロ』に関しては、正直、何もしていないというのが率直な感想です」

 そう指摘するのは、行政の「花粉症対策」を取材してきたフリーライターの小川裕夫氏である。

 そもそも、東京都による花粉症対策の取り組みは、石原都政時代の05年に遡る。

「石原慎太郎元都知事(85)本人が花粉症に罹患し、そのつらさを実感したことで原因を調べたところ、多摩地区にある広大な山林が大きな要因だと判明。それから花粉対策、つまりスギの伐採に乗り出したのです」(前出・小川氏)

 とはいえ、森林には水源涵養や土砂災害防止、土壌保全といった役割があるため、手当たりしだいに伐採することはできない。そこで東京都では06年から「花粉の少ない森づくり事業」をスタートさせ、花粉の少ない品種に植え替えていくことで花粉量の減少に努めてきた。

 ちなみに、花粉が少ないスギは、従来のスギと比べると花粉量はたった1%。植え替えによってスギ1本あたりの花粉が99%抑制できる計算だが、なかなかそうコトは簡単に運ばない。

 まず、スギが植林されている山林の多くは個人の所有物で、伐採には所有者の許可が必要になる。行政といえど、強制的に伐採するのは不可能だ。

 さらに、国内林業の衰退も悪影響を及ぼしている。1964年に木材の輸入が全面自由化されて以降は、安い輸入木材に押されて、国産材の需要は減る一方。切っても売れないのだから、林業事業者は赤字を出してまで植え替えをすることに消極的なのだ。

 そんな複数の原因が複雑に絡み合い、花粉飛散量の少ないスギへの植え替えがうまく進んでいないというのが現状である。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ