スポーツ

二刀流の大谷翔平は長打率がトップクラスの「マネーボール勝者」だった!

 アメリカMLBエンゼルスの大谷翔平が、打者としても大活躍だ。4月12日(日本時間13日)のロイヤルズ戦に8番DHとして出場した大谷は、最多勝経験も持つ右腕ケネディに第一打席は見逃し三振に封じられるも、第四打席には満塁の場面で走者一掃のタイムリー三塁打。5打席で4打数1安打、3打点の成績を残した。

 ファンの注目はメジャー入り後初めての三塁打に集まっているが、バッター大谷としての真骨頂が表れたのは、6回表に二死ランナー二塁の場面で申告敬遠になった場面にあるという。次打者が右飛を打ち上げ、結果としてロイヤルズ側の作戦勝ちだったわけだが、このシーンについてスポーツライターが語る。

「敬遠を受けるのはもちろん猛打者として恐れられているからですが、この敬遠により、この試合での大谷は1安打ながら2出塁を記録しました。この出塁こそが、メジャーリーグでは重要視される指標なのです。2011年公開のブラッド・ピット主演の映画『マネーボール』により、アメリカでは、選手を統計学的な見地から評価する“セイバーメトリクス”が広く知られていますが、この手法では打率やホームラン数よりも『出塁率(OBP)』と『長打率(OPS)』の2つを重視します。そしてその二つで大谷は傑出した数字をあげているのです」

 エンゼルスの13試合終了時点で大谷は26回、打席に入っている。規定打席数の41に満たないので大谷の打撃成績はランキングに表示されないが、打率.364はリーグ7位。そして出塁率.417は同23位タイとなっており、長打率1.189に至っては堂々のリーグ2位なのである。

「打率は水物と言われるのに対し、四死球でも数字の上がる出塁率は、打者の価値を明確に示すものとされています。その出塁率で大谷はクリーンアップの3番アップトン、4番プホルス、5番カルホーンらを抑えてチームトップに君臨。長打率もリーグ全体でトップクラスですが、こちらは長打が出ないと下がりやすい数字なので、大谷の真骨頂は出塁率に表れていると言えるでしょう。その意味から出塁率を上げる敬遠にも注目すべきというわけです」(前出・スポーツライター)

 アメリカの大手スポーツサイト「ESPN」では、MLBのページにわざわざ「Ohtani Tracker」という特集ページを用意。大谷の注目度が全米クラスであることを示している。その特集ページがシーズン終了までなくならないような活躍をぜひ期待したいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”