芸能

嵐・二宮和也がトーク番組ホスト熱望で「徹子の部屋ロックオン説」が急浮上!

 去る5月20日放送のラジオ番組「BAY STORM」(bayfm)のパーソナリティー、嵐の二宮和也の発言が波紋を広げているようだ。

 番組に寄せられた1通のメールに二宮が大感激したのがきっかけだった。そのメールとは、4月19日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、二宮が主演ドラマ「ブラックペアン」の番宣で出演した時のことについて触れたものだった。その放送回の「夜会」では、ドラマ共演が縁でプライベートでも飲み友達という立川談春とのサシ飲み企画が催され、芸能人を呼び出し、ひたすら飲んでしゃべる趣向だった。メールを送ったリスナーは、サシ飲み企画が大変おもしろかったことをほめたたえたうえで、「二宮くんがタメ口でお話を大御所から引き出す楽しいトーク番組がぜひ観たいです。絶対人気が出ると思うんですが、やってみたいと思われますか?」と問いかけたのだった。このメールを受けて、二宮は大感激。

「もうねぇ、それねぇ。やってみたい。一番やってみたかったよ」

 とノリノリで、さらに続けて、「普通にしてることをテレビでしてみようよって話だったからね」と企画意図を説明。「楽しいって言ってもらえるとありがたいですよね」と手放しで喜んだのだった。

「二宮は嵐一のツッコミの名手で、あの山田洋次、クリント・イーストウッド監督らを根こそぎトリコにしたことから、ジジ殺し、人たらしの異名を持っています。で、マイペースのタメ口でがウリなんです。ドラマや映画の現場でのイの一番は、スタッフの名前を覚え名前で呼ぶことだというから、芸が細かい。そんな細部にまで気配りを忘れない二宮なら、トーク番組のホストはうってつけかも」(ジャニーズウオッチャー)

 とはいえ、国民的アイドル嵐のメンバーというだけで、そう簡単に冠番組が手に入るご時世ではない。そこで人気番組の後継者案が浮上してきた。

「長寿番組『徹子の部屋』のホスト就任が早道」というのは、スポーツ紙記者だ。司会の黒柳徹子は最近とみに滑舌が悪くなり、ライフワークだった主演舞台の年内打ち切りを表明している。昨夏には右大腿骨を骨折するなど、健康面にも不安が残る。

「黒柳はジャニーズ事務所と長年の付き合いがあり、黒柳みずからの後継指名なら世間的に反発もなく、後釜としてすんなり船出することが可能じゃないでしょうか。もっとも、放送50周年達成後の番組卒業を口にしている黒柳の胸三寸だが」(前出・スポーツ紙記者)

 となると、二宮の野望「ニノの部屋」が叶うのは、8年後!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」