女子アナ

有働由美子のキャスター就任で注目される「政治的スタンス」とは?

 3月末でNHKを退職した有働由美子アナウンサーが、10月から報道番組「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のメーンキャスターに就任することがわかった。現任の村尾信尚氏は9月いっぱいで同番組を卒業することになるという。この一報に視聴者からは「ジャーナリストになるんじゃなかったの?」といった批判が噴出。形の上では半年のブランクを置いてNHKから民放に移籍したのも同然で、「結局はフリーになって高額なギャラが欲しかっただけでは」との辛辣な指摘も寄せられている。

 その「NEWS ZERO」は月~金に放送される帯番組であり、メーンキャスターと並行してジャーナリスト活動も行うのはほぼ不可能。何のためのNHK退職だったのかを問われるのも無理はない話だ。だが、有働のキャスター就任について、彼女なりの狙いを指摘する向きもあるという。週刊誌の記者が説明する。

「民放局でキャスターを務めることにより、NHK在職時には難しかった『みずからの政治的スタンス』を明らかにしていくのではないでしょうか。テレビ局には放送法により政治的中立が求められているものの、多くの報道番組では自民党・安倍政権に対する批判的なスタンスが垣間見られます。『NEWS ZERO』でも村尾キャスターは元財務官僚という異色の経歴もあってか現政権に対する批判は厳しめ。そのスタンスを継承することにより有働は、『時の政権に厳しいジャーナリスト』との立ち位置をアピールしたいのかもしれません」

 その有働はNHK在職時、94~97年には「おはよう日本」、そして04~06年には「ニュース10」のメーンキャスターを務めており、報道番組の経験もなくはない。だが、彼女にとって代表的な仕事といえば8年間にわたってメイン司会を務めた情報番組の「あさイチ」であり、紅白歌合戦の総合司会も4年連続で務めるなど、むしろNHKでは貴重なバラエティ力を備えたアナウンサーとして認知されているはずだ。それでも時折、みずからのスタンスを垣間見せることがあったという。

「2016年8月4日の“原爆の日”に『あさイチ』では画面右上に大きく『戦争はイヤだ』とのテロップを表示し、現代の戦争を考えようとの特集を放送。MCの井ノ原快彦が、今の日本では『(大きい流れに)なっちゃったら誰にも止められない、治まるのを待つしかない』と語るなど、安倍政権の暴走を危惧すると言わんばかりの内容でした。その中で有働も『空気を読んで自分の言いたいことを封印することで、大きな空気に加担してしまうのが怖い』と遠回しながら井ノ原の論調を肯定。さらに井ノ原から『有働さんみたいな人、しゃべったらいいと思うんですよね』とけしかけられると、『叩かれてもね』と応じていたのです」(前出・週刊誌記者)

 その井ノ原に背中を押されたのか、「NEWS ZERO」で大いにしゃべる機会を手に入れた有働。はたして有働キャスターの口からはどんな政治的発言が飛び出るのか、まずはお手並み拝見と待ち構えている視聴者は少なくなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった