エンタメ

「この世界の──」だけじゃない!今こそ見たい戦争が舞台のメディアミックス作品

 7月からTBS系「日曜劇場」の枠で「この世界の片隅に」が初めて連続テレビドラマ化される。こうの史代の漫画を原作に、戦時下の広島県・呉で生きる若妻・すずの日常を描き出したもので、3000人のオーディションの中から選ばれた松本穂香がヒロインを演じ、その夫役の松坂桃李の他、宮本信子、伊藤蘭、仙道敦子、二階堂ふみ、村上虹郎など豪華なキャストが顔をそろえる。11年には北川景子主演でスペシャルドラマ化もされており、16年の片渕須直監督のアニメ映画は200万人を超える観客動員数を記録し、数多くの国内外映画賞にも輝いた。

 戦争を題材にした作品で、漫画やアニメが引き金となってメディアミックス化されたものは他にもある。その代表格が、中沢啓治が自らの広島での被爆体験を基に漫画化した「はだしのゲン」だ。

 原爆投下後の広島でたくましく生きる少年・ゲンの姿を描いたこの作品は、73~74年に「週刊少年ジャンプ」で第1部が掲載され、76~80年にかけて山田典吾監督の手で3部作の実写映画になった。その後、原作者自身がプロデュースし、83年と86年に2部作のアニメ映画が完成。07年にはフジテレビ系でスペシャルドラマも作られている。また、故・野坂昭如が自らの神戸大空襲と妹との死別体験をもとに発表した「火垂るの墓」は、先ごろ亡くなった高畑勲監督により88年にアニメ映画化され、原作小説を読んだことのない世代にも広く知れ渡った。こちらも05年に日本テレビ系がスペシャルドラマ化し、08年には日向寺太郎監督によって実写映画化されている。

「今年は第二次世界大戦終結から73年を迎えますが、『はだしのゲン』の描写が残酷だと指摘されるような世相を見ると、戦争の記憶は完全に風化しつつあります。実写・アニメ・漫画の連動作品が数十年の時を超えてリメイクされ続ける意義を、今こそ考えるべきではないでしょうか」(映画評論家)

 次世代に戦争の“現実”を伝えていく意味でも、こうした作品の存在は貴重といえるだろう。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!