スポーツ

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(1)西野監督の勝利にこだわる強い姿勢

「西野マジック」炸裂で、日本代表は2大会ぶり決勝トーナメント進出! 列島が歓喜に沸く中、ピッチ外でも涙なしには語れないドラマが起きていた。悩める「10番」を長友がV字復活させ、猛バッシングの守護神には「不仲」の本田が身代わりフォロー。感涙秘話をハットトリックてんこ盛りでお届けしよう!

 ポーランドとの試合で1点を追いかける日本はディフェンスラインでボールを回し続け、スタンドから大きなブーイングが鳴り響いた。同時間帯で行われているセネガル対コロンビア戦で、セネガルが同点に追いつけば日本の予選敗退が決まる。紙一重の展開で西野朗監督(63)は、大博打の「時間稼ぎ」を選択したのだ。

 ロシアW杯の約2カ月前に就任した指揮官は、J1歴代最多の270勝を積み上げたが、3年近く現場から離れていた。腕がサビついていることも懸念される中、1次リーグでは采配が的中。ハリルホジッチ前監督(66)が崩壊させた日本をどう立て直したのか──。サッカーライターの渡辺達也氏が説明する。

「チームを作る時間がないと言われていますが、サッカー協会の技術委員長の時から監督目線で見ていた。ハリルを反面教師にして、規制で縛りつけるのではなく、大会中に外出を許可したり、選手を大人として扱っています。会見でもハリルは選手批判をしていましたが、西野監督は自分の発言が選手にも届くことはわかっているので、テストマッチで負けても前向きな発言を繰り返していました」

 ピッチ上やミーティングで選手との「対話」を重視して、信頼関係を築き上げたが、Jリーグの監督時代は正反対の指導方法だったようだ。スポーツライターの栗原正夫氏が語る。

「ガンバ大阪やアトランタ五輪時代の西野監督を知る選手は、別の印象を持っています。選手と距離を置くし、正直、選手の声を聞き入れてくれるイメージはないと。それに、理由は練習への遅刻だったり戦術などへの不満を口にしたりとさまざまですが、干された選手も少なくない。懐の深さはありますが、本当にキレたら許さないタイプです」

 指導方針は変わっても、いざ試合が始まれば勝負師の血は騒ぐようだ。セネガル戦の相手フリーキックでは、ディフェンスラインを一斉に上げて「オフサイドトラップ」を仕掛けて、世界を驚かせた。

「失敗した時に失点のリスクが高いので、最近では見かけない時代錯誤の罠。それでも相手を攪乱させるために用意していたのでしょう」(渡辺氏)

 この奇策は選手の間でも意見が割れていた。スポーツ紙記者が明かす。

「試合後にMF長谷部誠(34)が明かしたことには、本当は初戦でオフサイドトラップをする予定だったのに、何人かの選手がビビッてやらなかったそうです。それに西野監督は納得いかず、2試合目で必ず実行するように指示を出していました」

 西野監督の勝利にこだわる強い姿勢に心を打たれ、チームはまとまっていく。そうした勝負の舞台裏には、ひそかに日本代表選手たちの「泣ける話」が積み重ねられていた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!