スポーツ

日本戦に続き決勝Tでもやらかした! コロンビア代表選手に「身を案じる」声

 最初のミスは何とかなかったことになったが、さすがに2回目となると、サポーターも我慢の限界!?

 サッカー・ロシアW杯で日本と同じグループHを1位で決勝トーナメントに進出したコロンビア代表だが、初戦のイングランドとの一戦はPK決戦の末、惜しくも敗れてしまっている。そんなコロンビア代表のある選手の命の危険が危ぶまれている。その選手というのが日本戦前半開始3分で香川真司のシュートを右腕でブロックし、一発退場となったMFカルロス・サンチェスだ。この試合では日本の先制点となったPKと、日本に数的優位な状況を与えたサンチェスにはコロンビアサポーターからの批判が殺到していた。ただ、コロンビアはグループリーグのその後の試合を2連勝したことで結果としては1位通過できていることもあり、日本戦でのミスは帳消しとなり、サッカーファンも安堵していた。

 しかし、そのサンチェスはイングランド戦でもペナルティエリア内で相手選手を倒し、またしても先制点となったPKを与えている。その後、コロンビアは試合終了直前に1点を返し追いつきPK戦に持ち込んではいるが、サンチェスのファウルがなかったら勝てていたという見解をするサポーターが多く、またしてもサンチェス批判が巻き起こっているのだ。

「日本戦後に寄せられたサンチェス批判の中には『コロンビアに帰って来ないほうがいいだろう。お前には死が待っている。24時間以内に家族をコロンビアから退去させないと後悔するぞ』といった殺害予告も見受けられていた。実際、コロンビアでは1994年のアメリカW杯でオウンゴールしたコロンビア代表のDFアンドレス・エスコバルが暴漢に射殺されてしまっています。また、ツイッター上ではサンチェスとエスコバルの写真を並べた投稿も見られていましたが、サンチェスの場合は1大会で2試合も負けに直結する致命的なファウルをしてしまっているため、エスコバルを超えたという皮肉な声も出ているのが現状です」(スポーツ紙記者)

 日本人サポーターからは「日本に帰化させてあげて」という声まで上がっているが、ただただ無事であることを願うばかりだ。

(権田力也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々