スポーツ

日本戦に続き決勝Tでもやらかした! コロンビア代表選手に「身を案じる」声

 最初のミスは何とかなかったことになったが、さすがに2回目となると、サポーターも我慢の限界!?

 サッカー・ロシアW杯で日本と同じグループHを1位で決勝トーナメントに進出したコロンビア代表だが、初戦のイングランドとの一戦はPK決戦の末、惜しくも敗れてしまっている。そんなコロンビア代表のある選手の命の危険が危ぶまれている。その選手というのが日本戦前半開始3分で香川真司のシュートを右腕でブロックし、一発退場となったMFカルロス・サンチェスだ。この試合では日本の先制点となったPKと、日本に数的優位な状況を与えたサンチェスにはコロンビアサポーターからの批判が殺到していた。ただ、コロンビアはグループリーグのその後の試合を2連勝したことで結果としては1位通過できていることもあり、日本戦でのミスは帳消しとなり、サッカーファンも安堵していた。

 しかし、そのサンチェスはイングランド戦でもペナルティエリア内で相手選手を倒し、またしても先制点となったPKを与えている。その後、コロンビアは試合終了直前に1点を返し追いつきPK戦に持ち込んではいるが、サンチェスのファウルがなかったら勝てていたという見解をするサポーターが多く、またしてもサンチェス批判が巻き起こっているのだ。

「日本戦後に寄せられたサンチェス批判の中には『コロンビアに帰って来ないほうがいいだろう。お前には死が待っている。24時間以内に家族をコロンビアから退去させないと後悔するぞ』といった殺害予告も見受けられていた。実際、コロンビアでは1994年のアメリカW杯でオウンゴールしたコロンビア代表のDFアンドレス・エスコバルが暴漢に射殺されてしまっています。また、ツイッター上ではサンチェスとエスコバルの写真を並べた投稿も見られていましたが、サンチェスの場合は1大会で2試合も負けに直結する致命的なファウルをしてしまっているため、エスコバルを超えたという皮肉な声も出ているのが現状です」(スポーツ紙記者)

 日本人サポーターからは「日本に帰化させてあげて」という声まで上がっているが、ただただ無事であることを願うばかりだ。

(権田力也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
4
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!
5
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた