芸能

嵐・相葉雅紀、私服処分の“断捨離”告白で「結婚間近?」とファンザワザワ

「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」(文化放送)で、パーソナリティーを務める嵐・相葉雅紀の最新洋服事情が6月29日に明かされ、ファンがざわめいている。

 リスナーからのメールで制服にまつわるエピソードを聞かれた相葉は、「ボクはけっこう制服人生でしたね」と言いながら「保育園制服でしょ、小学校私服。中学校制服。高校は私服」と思いだしていき、まずは、実は私服の方が長期間だったことに気づく天然ぶりを披露。芸能界デビューしてからは「衣装という制服を着ている」というトンデモ理論を振り回し、「それを制服というなら制服人生です」と言い切った。

 実際に「私服でいる時間少ないと思う」と続け、「洋服持ってなくていいんだと思って、だいぶ減らした」と打ち明けた。いわゆる“断捨離”をして「3分の2はいろんな形で処分して、後輩とか弟」にあげたという。それでも、「別に何の障害もないし、そんなもんでいいんだ」と実感、納得したそうだ。

「今春、『レコメン!』で私服の話をした時は、タンスにTシャツ、クローゼットにズボンやスーツ、コートなどをまとめて収納していることを明かしていました。その時は、冠婚葬祭用のスーツ、デニムのスリーピース、コーデュロイ系のセットアップがあると言ってましたね。通常、肌着は着ずに、汗シミ予防で、衣装の下につけるだけ。夏場、家ではひんやりするシャツ1枚で過ごしているそうです」(ジャニーズウオッチャー)

 また、「制服が素敵なナンバーワン」について聞かれた相葉。実は、制服萌えしていることを明かし、「ラーメン屋さんとかで働いてる女の子で、普通に黒Tに黒パンで腰エプロンまいて、はいどうぞ、って出すあの感じがたまらない」と告白した。実際にラーメン屋に行った時の話題になり、「汗まみれで仕事してますみたいなあの感じがね、萌えるんだよね」と萌えポイントを打ち明けた。さらに「ガソリンスタンドとかもいいと思うのよ。あの制服。窓拭いていいっすか、みたいなあの感じとかもさ、やっぱいいのよ」と制服萌えが止まらない。

「中華料理店の長男だけに、制服着て働く両親のことを長年見つめてきたせいもあるんでしょうね。『汗まみれで仕事してますみたいな、一生懸命やってるって感じが魅力的で萌える』って強調してましたから」(芸能ライター)

 それよりなぜ相葉が断捨離したのか。その理由が大いに気になる。もともとクローゼットにすべて収まる量の洋服を3分の一にした理由は何なのか。結婚が間近?と勘繰るファンもいるが、さて──。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
「ソフトバンクを猛追」を妨害するロッテの爆弾「投打のブチ壊し男2人」困った舞台裏
4
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
5
山川穂高「ブーイング攻撃」に参った…沖縄で泡盛飲んで気分転換しても「ドン底大不振」から抜け出せない!