芸能

「TBSは綾瀬はるかの使い方を日本テレビから学べ」と指摘される理由!

 放送中のドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)でヒロイン・岩木亜希子を好演中の綾瀬はるか。ところが一部の“綾瀬ファン”からは「TBSは綾瀬の使い方を間違っている」「少しは日本テレビから学べ」という声が起きているらしい。

 綾瀬は2004年7月期放送の「世界の中心で、愛を叫ぶ」(TBS系)でヒロイン・廣瀬亜紀を演じたことで注目を集め、人気女優の階段を登り始めたことから、民放の中では同局のドラマにいちばん多く出演している。しかし06年1月期放送の「白夜行」、09年10月期「JIN~仁~」の2作品以外は、あまり記憶にも記録にも残っていない。

「対する日テレは07年7月期放送の『ホタルノヒカリ』ではグータラな干物女・蛍、昨年10月期放送の『奥様は、取り扱い注意』では特殊工作員の過去を持つ菜美を演じさせ、それぞれ綾瀬の素顔であるグータラな部分と運動神経のよさをみごとに引き出して女性ファンを獲得。また、ラフな部屋着姿でゴロゴロ寝転がるシーンや、男性俳優と互角に戦う激しい武闘シーンなどをストーリーに用意しました。そして、“日常的に揺れ動く豊かなバスト”を堪能できると男性ファンを喜ばせたんです」(女性誌記者)

 ところが放送中の「義母と娘の──」では、さあ綾瀬のボディを見てくださいと言わんばかりの取って付けたシーンばかりで「しらける」のだという。どういうことか。続けてもらおう。

「例えば綾瀬演じる亜希子の部下(浅利陽介)に腹芸のための顔を描かせるシーンをあえて影絵にし、2人があたかも性交渉しているように見せる演出や、取引相手に対し『温めておきました』と胸元からハンカチを取り出して差し出す様子など、シーンの必然性より綾瀬のボディを見せるためにわざわざ作られた感が否めません。どうやら女性視聴者からは『何もそこまで綾瀬のカラダをアピールしなくてもいいのでは』『不自然な見せ場に違和感』『綾瀬さんがカワイそう』といった声まで出ているようです」(前出・女性誌記者)

 ネット上では放送中の「高嶺の花」(日テレ系)でヒロイン・ももを演じる石原さとみが見せたスリップ姿や口紅を塗る唇のアップシーンに歓喜の声があがっているが、綾瀬にもこれからそうしたシーンが用意されているかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!