スポーツ

長嶋茂雄「容体急変で大パニック」の騒然舞台裏(1)怪しさを増す「具体的コメント」

 連日の酷暑におののく平成最後の夏、プロ野球界に国民的英雄の驚愕の一報が走った。昭和史を燦燦と輝かせたスーパースターを重大な「異変」が襲ったのだ。まさにタブー視されるトップシークレット。大パニックとなったその全内幕とは──。

 セ・リーグ独走状態の広島カープがマジック30を再点灯させた8月18日、デーゲームで行われた東京ドームでの巨人vs中日戦。エース菅野智之(28)が圧巻のピッチングで中日打線をシャットアウトした。その試合後ほどなく、スポーツ紙などの巨人担当記者が集結したのは、読売新聞本社内にある巨人の球団事務所だった。

 その目的は、入院中の読売ジャイアンツ・長嶋茂雄終身名誉監督(82)の本当の容体を確認するためだった。スポーツ紙デスクが振り返る。

「ミスターが7月初旬から胆石のため入院中の身であることは、8月9日発売の『女性セブン』の報道で明るみに出たわけですが、その病状に関しては情報がほとんどなく、詳細をつかみかねていた。ところがこの日の夕方、『ミスターの容体が悪化したらしい』という情報が一部で流れ、報道陣の間に広まった。そのため、すぐに確認に走る必要があったのです」

 ところが報道陣からの質問に対し、球団サイドの答えは、

「今のところ、あらためて何か発表することはない。何も心配することもない」

 というニベもないものだった。球団関係者が明かす。

「それでも、一部報道陣が読売幹部に『もしかしてミスター、かなり危険な状態ということなんでしょうか』と詰め寄ると、『この2、3日はね‥‥』と言葉を濁したんです。つまり、『あと2、3日は大丈夫だが‥‥』という意味だったらしい。これでミスターが予断を許さない状況下に置かれていると察知したわけです」

 昭和を飾った20世紀最後のスーパースターの不測の事態に直面し、報道陣は大きな衝撃を受けた。巨人担当記者によれば、

「まさに『すわ、一大事!』となり、いつ何時『まさかの事態』が起きるとも限らないと思ってしまうのも当然ですよ」

 マスコミの中には先走るあまり、「追悼原稿」の準備を始めるところまであったという。それほどの驚きと混乱にパニック状態になったというのだ。

 実はこの慌ただしい動きには伏線があった。「女性セブン」の記事が出る前日の8月8日、球団は突如、長嶋氏が病床にあることを発表。同時に、

「大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています」

 と、長嶋氏のコメントも添えている。

「実はミスターは7月8日に北海道で行われた男子プロゴルフツアー『長嶋茂雄招待セガサミーカップ』を欠席している。みずからの名前が冠となっているこの大会には、最終日に姿を見せることが毎年恒例となっていただけに、体調がよくないのではと心配されていました。しかも、(8月8日の)コメントは『山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による対DeNA戦3連勝には元気をもらいました』と続いていた。これがかえって怪しさを演出したんです。いつも系列新聞の幹部がミスターのコメントを作成するのですが、今回はこれまでと違い、具体的な選手名を出して細かく表現するなど、逆に不審を抱かせてしまう内容だった。何か隠さなければいけないことがある、と勘ぐるのは当然です」(スポーツマスコミ関係者)

 もちろん、不安をあおりたてる予兆は、これだけではなかった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…