スポーツ

長嶋茂雄「容体急変で大パニック」の騒然舞台裏(1)怪しさを増す「具体的コメント」

 連日の酷暑におののく平成最後の夏、プロ野球界に国民的英雄の驚愕の一報が走った。昭和史を燦燦と輝かせたスーパースターを重大な「異変」が襲ったのだ。まさにタブー視されるトップシークレット。大パニックとなったその全内幕とは──。

 セ・リーグ独走状態の広島カープがマジック30を再点灯させた8月18日、デーゲームで行われた東京ドームでの巨人vs中日戦。エース菅野智之(28)が圧巻のピッチングで中日打線をシャットアウトした。その試合後ほどなく、スポーツ紙などの巨人担当記者が集結したのは、読売新聞本社内にある巨人の球団事務所だった。

 その目的は、入院中の読売ジャイアンツ・長嶋茂雄終身名誉監督(82)の本当の容体を確認するためだった。スポーツ紙デスクが振り返る。

「ミスターが7月初旬から胆石のため入院中の身であることは、8月9日発売の『女性セブン』の報道で明るみに出たわけですが、その病状に関しては情報がほとんどなく、詳細をつかみかねていた。ところがこの日の夕方、『ミスターの容体が悪化したらしい』という情報が一部で流れ、報道陣の間に広まった。そのため、すぐに確認に走る必要があったのです」

 ところが報道陣からの質問に対し、球団サイドの答えは、

「今のところ、あらためて何か発表することはない。何も心配することもない」

 というニベもないものだった。球団関係者が明かす。

「それでも、一部報道陣が読売幹部に『もしかしてミスター、かなり危険な状態ということなんでしょうか』と詰め寄ると、『この2、3日はね‥‥』と言葉を濁したんです。つまり、『あと2、3日は大丈夫だが‥‥』という意味だったらしい。これでミスターが予断を許さない状況下に置かれていると察知したわけです」

 昭和を飾った20世紀最後のスーパースターの不測の事態に直面し、報道陣は大きな衝撃を受けた。巨人担当記者によれば、

「まさに『すわ、一大事!』となり、いつ何時『まさかの事態』が起きるとも限らないと思ってしまうのも当然ですよ」

 マスコミの中には先走るあまり、「追悼原稿」の準備を始めるところまであったという。それほどの驚きと混乱にパニック状態になったというのだ。

 実はこの慌ただしい動きには伏線があった。「女性セブン」の記事が出る前日の8月8日、球団は突如、長嶋氏が病床にあることを発表。同時に、

「大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています」

 と、長嶋氏のコメントも添えている。

「実はミスターは7月8日に北海道で行われた男子プロゴルフツアー『長嶋茂雄招待セガサミーカップ』を欠席している。みずからの名前が冠となっているこの大会には、最終日に姿を見せることが毎年恒例となっていただけに、体調がよくないのではと心配されていました。しかも、(8月8日の)コメントは『山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による対DeNA戦3連勝には元気をもらいました』と続いていた。これがかえって怪しさを演出したんです。いつも系列新聞の幹部がミスターのコメントを作成するのですが、今回はこれまでと違い、具体的な選手名を出して細かく表現するなど、逆に不審を抱かせてしまう内容だった。何か隠さなければいけないことがある、と勘ぐるのは当然です」(スポーツマスコミ関係者)

 もちろん、不安をあおりたてる予兆は、これだけではなかった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
5
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況