スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ゴールドサーベラスが本領発揮」

 競馬をなりわいにしていると、時の移りが早い。今週から秋競馬が開幕。しばらくするとGIシリーズに突入する。

 なんとも忙しいが、競馬はやはり楽しい。的中させて懐が潤えばさらにだが、中山競馬開幕週のメイン、京成杯AHは、一攫千金を期待できる波乱含みの重賞である。

 このレースに馬単が導入されてから、これまでの16年間、その馬単で万馬券になったのは5回(馬連で4回)。そう大きく荒れるように見えないが、この間、1番人気馬が3勝(2着0回)、2番人気馬は6勝(2着1回)。簡単に人気サイドで決まりにくいことがわかるだろう。

 つまり、人気馬同士での決着はきわめて少なく、連に絡むどちらかが人気薄の伏兵だということだ。そうした視点で馬券戦術を組み立ててみよう。

 ただ毎度、注意しなければいけないのが、舞台が中山芝のマイル戦であること。周知のように、多頭数になるほど外枠の馬は競馬をしづらくなる。

 おむすび型の変形コースで、スタートして行き脚、加速がついたところで急に折れる最初のコーナーがある。スムーズに曲がれない馬のアオリを食って、外枠の馬は膨れたり、ハジかれるなど、不利を被ることが多々あるからだ。

 よって、中山のマイル戦は脚質いかんにかかわらず、真ん中より内めの馬がよく連に絡み、外枠の馬の連対率は低い。そのあたりはよく頭に叩き込んで馬券戦術を組み立てるべきだが、まだ枠順発表前。まずは、好枠を引き当てることを前提に狙い馬を挙げてみたい。

 難解だが、最も期待を寄せてみたいのは、ゴールドサーベラスだ。

 前走の函館記念でも注目していたが、体重が減って馬体は細化。それに落ち着きを欠いており、本来の姿ではなかった。それでも前々で積極的な競馬をして、勝ち馬とはコンマ6秒差の好内容。この馬にとってはやや距離が長く、不利な大外枠だったことを思うと、よく頑張ったと高い評価を与えていいのではないか。今度は実績のあるマイル戦で、相性のいい中山での競馬。あらためて注目すべきである。

 この中間は順調そのもの。1週前の追い切りは軽快かつリズミカルだった。

「体重が戻って落ち着きがあり、雰囲気が実にいい」

 こう清水英調教師は状態のよさを強調する。ならば、チャンスがあっていいはずだ。

 このところハンデ戦では決まって54キロを背負っているが、今回はそれ以下、53キロということも十分考えられる。いずれにせよ、この馬にとって走れる条件がそろっている一戦。大きく狙ってみたい。

 逆転候補には、ストーミーシーを挙げたい。

 5カ月ぶりの実戦だが、放牧でリフレッシュされ、ここを目標にじっくりと仕上げられてきた。それだけに重め感はなく、臨戦態勢は整っている。

 前走、同じ中山のマイル戦で行われたダービー卿CTが54キロで3着。であればハンデは同じだろう。チャンスは十分と見ていい。

 関西のセントウルSは、GIスプリンターズSの前哨戦。このレース、やたらと牝馬の活躍が目立つが、狙いはやはり、その牝馬。ダイアナヘイローの巻き返しに期待だ。

 前走の北九州記念(7着)は、好位で立ち回ったものの末脚不発。案外だったが、少しばかり馬体が重かった。それで息切れしたのではないか。

 しかし、この中間は緩みのない馬体で気配は上々。最も得意とする阪神での競馬。今度は違うはずだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?