社会

ガッツ石松のOK偉人牧場<最強の剣豪>(4)首を斬られた場所に行くと…

 その結果、近藤は千葉で捕まって、板橋で首を斬られた。俺はそこにも行ったから。JR板橋駅の近くにある、ちょっと見ただけじゃわかんないような場所だよ。「こんなところで首斬られちゃったのか」って思うようなところ。あれは「新政府に刃向かうとこうなるぞ」という見せしめで、賊軍のリーダーとして斬首されちゃったんだな。

 近藤が首を斬られたあと最後の握りっ屁じゃないけど、土方ら残りの隊士は箱館で最後の決戦に挑もうと、榎本武揚の船に乗って箱館に渡って。六角だっけ? 五角か。五稜郭に立てこもって戦ったわけでしょ。そこで土方は鉄砲の弾2発撃たれて死んじゃった。

 ガッツ的にいえば、さっきも言ったけど「死んで花実が咲くものか」っていうのがあるんだから、最後まで戦わないで白旗揚げるだろうね。俺はガキの頃からいろんな経験してるから「こいつらと戦って勝てるか負けるか」ってことがパッと瞬間的にわかるんだな。だからガッツ的精神であれば、負けるとわかってる戦いはしない。ただし自分からは白旗揚げないで「俺は降参しない」ってポーズは取りながらも、部下にうまいこと手を回して「こいつらが『降参してくれ』って頼むもんだから、俺もしかたなく白旗揚げる」って持っていくよね。やっぱり意地っつーもんがあるから、そこは頭使うわ。

 しかし新選組を見てわかるけど、どんな組織でも番頭が大事だな。新選組がこれだけ名を残してるのも、近藤を支えた「鬼の副長」の土方がいたから。親方をちゃんと支える番頭がいるかいないかで、組織がうまくいくかどうかが決まるね。

 昨今は「ばんとう」じゃなくて「べんとう」が多いから。役に立たない「べんとう」ばっかりだな。親方がまだ弁当食ってないのに、番頭のほうが食ってるっつーんだから、うまくいくわけない。そんな組織はOKじゃなくて「NO(農)場」だ!

 偉人を追っかけていくと必ず、これという番頭がいるね。武蔵だって沢庵和尚が番頭みたいな役割で助けてるわけだよ。坂本龍馬にも、お龍さんっていう嫁さんがいたでしょ。

 これはガッツ流の雑学だけど、2人が入った温泉っつーのが鹿児島にあって、そこにも行ったことがある。単なる川の横にちょこんとあって、温泉が湧き出てる場所っつーかな。「龍馬はここでお龍さんと一緒に風呂に入ったのか」と物思いにふけった思い出があるね。

 それはともかく、近藤にしろ武蔵にしろ、一人の力なんていうのはたかが知れてるってことだな。「人」という字は支え合ってできてるわけで、偉人も一人じゃなれない。支えてくれる誰かが必要なんだよね。

「偉人の陰に番頭あり」。

「べんとう」じゃなくて「ばんとう」。それがガッツ的結論だな。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”