スポーツ

松井秀喜、巨人復帰を拒み続けてきた心境についに「重大変化」が!

 毎シーズン、ストーブリーグの風物詩となりつつあるのが、巨人の人事問題だ。

「今季契約最終年の由伸ジャイアンツは大型補強の甲斐もなく、CS進出にわずかな望みをつなぐ崖っぷち状態。そこでポスト由伸の監督の名前として、中畑清氏や川相昌弘二軍監督も取り沙汰されています」(プロ野球担当記者)

 だが、ファンが最も望んでいるのは、生え抜きの元4番打者・松井秀喜氏ではないか。

 ミスターこと長嶋茂雄終身名誉監督の薫陶を受けてきただけに、球団内外から待望論が出ている。ところが、当の松井氏自身はこれまでのところ、まったく我関せずといった状況だったが、ここにきて松井氏の心境に変化があったのではないかといわれているのだ。巨人番記者が低迷する球団の救世主の動向について打ち明ける。

「松井と言えば、引退後の巨人との関係はつかず離れずといったところで、球団からの監督就任のラブコールにはゼロ回答が続いていた。かつては球団幹部はニューヨークを訪問したり、オーナーが手紙を書いたり、関係を絶やさないようにしてきたが、球団への復帰に関してはナシのつぶてでした」

 ところが、ここにきて松井氏が巨人に急接近。その背景には球団側からの「ウルトラ人事案」があったといわれている。9月18日発売の週刊アサヒ芸能9月27日号では、最新の松井氏の動向とともに、人事案についても詳報している。松井の巨人復帰は、思いのほか早まるかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
もはや捨て駒状態の「あなたの番です」、次回作は賀来賢人のコメディか!?
2
小林麻耶、「キンスマ」出演に「芸能界を引退したんじゃなかった?」の大合唱
3
デキ婚で納得!川栄李奈、「家政夫のミタゾノ」の扱われ方に「変だった」の声
4
真矢ミキ、渦中の千原せいじの話題を吹き飛ばした「胸のナマ渓谷」見せ!
5
ピエール瀧に続く「薬物芸能人」の“名前”リストを一挙公開する!