芸能

千原ジュニア、レーシングゲーム賛辞に「飲酒ひき逃げ」を引用して非難殺到

 お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアが10月8日、都内で催された「東京モーターフェス2018」の「グランツーリスモSPORT『これがe-Motor Sportsだ!』」に登場。レーシングゲームのリアルな操作感を独自の表現で賛辞を送っている。

 同期の芸人・FUJIWARA原西孝幸とサッカー元日本代表FWの大黒将志選手も加わり、スピード感と重厚感の溢れた迫力満点のカーレース最新作「グランツーリスモSPORTS」を満喫した千原ジュニアは、その操作性や周囲の車体と衝突する際の凝った演出について「かなりリアルです。吉澤ひとみもこれで(運転の)練習しときゃよかったのにね」とコメントし、先月に酒気帯び運転中のひき逃げ事故を起こした元モーニング娘。の吉澤被告への“皮肉”を口にした。

 ここへ、さらに原西も「ぶつける感覚っていうのはうち(吉本興業所属タレント)で言うと井上ぐらいしか知らんのでね」と悪ノリし、後輩のノンスタイル井上裕介が過去に起こした当て逃げ騒動を引用。最後には現実世界における安全運転の必要性も訴えたものの、ネット上ではこの2人の“イジり”が不適切ではないか、といった指摘が相次ぐ事態となった。

「まず吉澤被告のケースで言えば、運転技術云々の問題というよりは、酒気帯び状態で運転していたという点や、跳ね飛ばした被害者を置いて逃走した倫理観の欠如などがこの事件の焦点でしょう。今回の事故の原因は吉澤被告の“運転が下手だったから”というような類いのものではないですからね。ネット上でもジュニアらの発言に対して、『吉澤被告は飲酒運転なので普通の運転とか事故とかではありません。事故から日が浅く、被害者もいることなので不適切と思います』『ゲームで何を練習する? ぶつかること? まったく話は別物』『ひかれた人がたまたま運良く大事に至らなかったから良かったが、やったことは相当悪質なので、ネタにして良い事件ではない』との声や、過去にジュニア自身もバイク事故で全身の大ケガを負った経験があることから『自分もバイクで事故って大変だったのに今回の被害者のいるひき逃げ事件を笑いにすべきじゃない』という指摘もありました」(テレビ誌ライター)

 今後、本格的にゲームをスポーツの競技種目にしていこうとする「e-スポーツ」を盛り上げたい運営側にとっても、リアルに製作されたレーシングゲームと、現実世界におけるひき逃げ事件をリンクさせるような発言というのは決して健全なものではないはず。

 井上をいじった原西も含め、2人はもう少し他の表現で「グランツーリスモ」の良さをアピールするべきだったかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ