スポーツ

女子ゴルフ「生き残り最終バトル」が過熱する(3)オタク系が三浦桃香に執拗なアタック

 一方、試合の選択もままならず、大ピンチを迎えているのが、リランク32位の三浦桃香(19)をはじめ、諸見里しのぶ(32)、松森彩夏(24)、森田理香子(28)、アン・シネ(27)、藤田光里(24)の面々だ。

 LPGA(日本女子ゴルフ協会)関係者が心配そうに話す。

「三浦とアン・シネ以外は皆、男関係でつまずき、復調の気配が見えない。諸見里と森田は破局のショックを振り払えず、藤田は復縁するも一向にゴルフに専念できない。テーラーメイド軍団の松森くらいはツートップの一角・永峰咲希(23)の今季初優勝に刺激されて復活してほしいが‥‥」

 昨年、大ブレイクしたアン・シネは今季5戦に出場するも、3度の予選落ち。

「彼女は6月以降、韓国ツアーに参戦していた。日本のセカンドQT(10月31日から3日間)にエントリーはしているが、辞退の可能性もあり、決断が待たれます」(スポーツ紙デスク)

 中でもゴルフファンにとって一番の心配のタネは、春先の快進撃がウソのような失速状態にある三浦だろう。

「今年のプロテストもまさかの不合格。それも6月の2次試験落ちでしたからね。すっかり笑顔が消えてしまった。しかも熱烈なファンの出現に悩んでプレーに専念できていないようです」(スポーツ紙記者)

 聞き捨てならない状況に直面しているようだが、すでにLPGAにも相談しているようで、事態は深刻だ。

「試合会場によっては、『チャリティ・フォト』と呼ばれる早朝イベントがあって、ポラロイドでのツーショット撮影があります。三浦が参加する時は、開門前から列ができるほどの人気ぶり。ただし定員が5人ほどと少なく、試合会場での撮影も禁止のため、熱烈なファンが宿泊先にまで現れるんです。彼らの中にはゴルフ愛好家ではなく、オタク系のアイドルウオッチャーもいるため、かなり執拗なアタックを受けているようで、三浦は『ゴルフに集中できない』と困惑している」(ゴルフ専門誌編集者)

 ストーカー急接近について、主催者側の関係者もこぼす。

「選手の家族に近づいてファミリーパスを入手、クラブハウス内に潜り込んでサインをもらったり、写真を撮っていたケースも発覚した。駐車場にも簡単に出入りできるので、お目当ての選手の愛車のナンバーから住所だってわかってしまう。LPGAによる本格的な対策が待たれますね」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?