スポーツ

貴乃花「新部屋設立」で「オリンピック競技化」野望(3)白鵬との「第2ラウンド」勃発

 いわば、原点回帰を誓った貴乃花に対して、いまだに未練タラタラなのが、永田町の魑魅魍魎たちである。政治部記者が語る。

「実は、貴乃花の政界ラブコールは『棚からぼた餅』でたまたま出た茶飲み話がきっかけ。ところが、貴乃花を取り巻く環境が急変。あれよあれよという間に、貴乃花が親方を辞めるまでに至り、慌ててアスリート出身議員のまとめ役である自民党の馳浩氏が面会してアプローチした経緯がある。ところが、貴乃花の反応はほとんどゼロ回答に近いもので、現状では政界転身は難しいというのが衆目の一致したところですね」

 だがここにきて、貴乃花がアマチュア相撲、ひいては相撲のオリンピック化に本腰を入れることが伝わると、またぞろ政界スズメの間では“貴乃花獲得”の機運が盛り上がっているという。政治部記者が続ける。

「貴乃花がアマチュア競技に専念するとなれば、むしろ日本スポーツ協会(旧日本体育協会)やJOC(日本オリンピック委員会)に厳然たる影響力を持つ森喜朗氏が直接、出馬を打診する可能性も出てきている。森さんはアスリート政治家のドンですし、直接IOC(国際オリンピック委員会)とのパイプもある。森さんの外交力をもって、相撲のオリンピック化を推進するというお土産を用意すれば、貴乃花も断りづらいと踏んでいるのです。さらには、安倍晋三総理も憲法改正を見据えて、来年秋の参院選では是が非でも勝利したい。そこで看板候補の擁立には直接交渉に当たる構えです。いくら貴乃花が否定しても政界転身がささやかれるのは、自民党内からすでに“ロックオン”されているからです」

 貴乃花本人の思惑をよそに、着々と進む「政治家包囲網」。最終決断は、貴乃花本人に委ねられているが‥‥。

「実は、貴乃花の宿敵である横綱白鵬も『白鵬杯』という、ちびっこ相撲の大会を主催し、今年は8カ国1300人が参加する規模にまで成長している。しかも今年の大会には貴乃花の兄である花田虎上氏もトークショーに参加するなど、今後の貴乃花とはちびっこ争奪戦になる可能性がある。いわばモンゴル互助会との対決が第1ラウンドなら、今後は第2ラウンドになる。孤立無援の貴乃花にとっては、政治家転身は大きなアドバンテージになるだけに、まだまだ予断を許しません」(相撲担当記者)

 まさに流転の貴乃花の前に、またもや立ちはだかるモンゴル互助会。はたして貴乃花はどのような立ち合いで周囲の雑音を封じ、己の道を進むのだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚