芸能

「肌見せ減少」吉岡里帆、実はヒモの細さにこだわる“見せたガール”だった!?

 9月に終了した主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)が平均視聴率5.8%の惨敗、映画「音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」も興行収入で苦戦した女優の吉岡里帆。

 過去には水着グラビアも披露していたが、連ドラ主役級の女優に転身した吉岡はこれまで、「肌見せが少なくなってきた!」などと一部のファンから苦言を呈されてきた。

「瑛太との共演CMでは、漁師の網にかかった人魚という設定にもかかわらず、まったく胸元やおへそが見えない衣装で、ネット上には『人魚なら水着じゃなくちゃ不自然だろ!』という声も見られました。また、自身のインスタグラムに掲載した来年のカレンダー用の水着カットも、あまりに布面積が大きくて、ガッカリしたファンが多かったんです」(芸能系サイト関係者)

 ところが、頑ななまでに肌見せを制限する現在のスタイルは、吉岡本人の意思ではないというのだ。芸能記者が語る。

「一気に水着仕事が減り、インタビューでもグラビアに否定的な発言をしたとして取りざたされたこともあるため誤解されがちですが、実は彼女は自分のボディに自信があり、かなりの“見せたがり”なんですよ。肌見せを抑えるのは事務所の方針じゃないでしょうか」

 自身がナビゲーターを務めるラジオ番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(J-WAVE)での発言もそれを裏付ける。今年の4月1日のオンエアで、艶っぽい絵を描くイラストレーターをゲストに迎えた時のこと。吉岡のグラビアへの愛着が爆発し、こんなセキララ告白をしていたのだ。

「私も女性が肌を出すとか、絶妙に見せるってとこにすごく思いが強いタイプで。それこそグラビアをやっていた時なんて、そのこだわりの連続ですごく大事にしてた」

 ほかにも、ゲストからグラビアでの水着のヒモの細さに言及され、

「うれしい。あれもめちゃこだわり」

 と答えた吉岡。出演作が低調でも、ふたたび艶路線のグラビアを発表すれば、世の男性諸氏からの支持率アップは間違いないのだが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々