芸能

熊田曜子、一糸まとわぬ姿をみずから公開!?艶投稿にファン騒然

 SNSでの“巧妙さ”はやはり天下一品か。

 タレントの熊田曜子が11月22日、自身のインスタグラムアカウントを更新し、出産4カ月後の引き締まったボディーを“とある技法”を駆使しながら公開している。

〈第三子を出産して4カ月。グラビア復帰したよ〉と書き出した熊田は、写真集の撮影中にポージングを取る様子を収めた画像を公開し、腹部は薄っすらと筋が確認できるほどに引き締まったスリム体型で、腕や太ももにも無駄な肉が一切見られず、出産後とは思えない“洗練されたボディー”を大々的にアピールすることに成功した。

 ママタレとしても、イチ女性タレントとしても十分に存在感を放つこの写真だが、他とは一線を画す輝きを誇示できているのには重要なワケがある。

 というのも、トップとボトムの水着部分が青のマーカーによる編集で塗り潰されており、一見すると“一糸まとわぬ”状態にすら見えてしまう出来栄えになっているのだ。本人は「衣装がまだ見せられないから隠してるけど、水着撮影なの」と、加工を施した“やむを得ない”事情を説明するも、これが熊田による“男性ウケ”などを意識した意図的な狙いであると指摘する声も散見されている。

「あえて水着のトップとボトム部分を塗り潰すことで、何も着用していないように見せるテクニックはこれまでにも多くのグラドルに使われてきた技法ですが、熊田が“あざとい”と突っ込まれてしまう理由は、それを“水着をまだ見せられないから隠してる”と主張し、あくまで出版業者の事情を前提にした結果だとアピールしている点でしょう。コメント欄には『絶対インスタ映え狙ってるっしょ』『投稿が上手』『炎上商法』といった指摘もありますが、水着部分を隠したことでより腹部や腕、脚の細さに視線が集まり、これまで以上にストイックさやスタイルの良さに絶賛の声が寄せられています」(テレビ誌ライター)

“巧みであざとい”との解釈もされかねない1枚ではあるものの、そもそも現在の熊田は産後も女性らしいプロポーションをキープしたいと願う世のお母さんにとっての希望の星のような立ち位置であり、自身も努力したであろうスリムで艶やかなラインや筋張った腹筋をアピールしたくなるのも無理はない。

 今回の“水着隠し技法”を駆使することで主婦層だけでなく、男性ファンにとっても大満足な投稿となったことは明らかであり、1枚の写真で老若男女を問わない“いいね”をかき集めた熊田はこの上なくクレバーな女性だと言えるかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白