芸能

熊田曜子、一糸まとわぬ姿をみずから公開!?艶投稿にファン騒然

 SNSでの“巧妙さ”はやはり天下一品か。

 タレントの熊田曜子が11月22日、自身のインスタグラムアカウントを更新し、出産4カ月後の引き締まったボディーを“とある技法”を駆使しながら公開している。

〈第三子を出産して4カ月。グラビア復帰したよ〉と書き出した熊田は、写真集の撮影中にポージングを取る様子を収めた画像を公開し、腹部は薄っすらと筋が確認できるほどに引き締まったスリム体型で、腕や太ももにも無駄な肉が一切見られず、出産後とは思えない“洗練されたボディー”を大々的にアピールすることに成功した。

 ママタレとしても、イチ女性タレントとしても十分に存在感を放つこの写真だが、他とは一線を画す輝きを誇示できているのには重要なワケがある。

 というのも、トップとボトムの水着部分が青のマーカーによる編集で塗り潰されており、一見すると“一糸まとわぬ”状態にすら見えてしまう出来栄えになっているのだ。本人は「衣装がまだ見せられないから隠してるけど、水着撮影なの」と、加工を施した“やむを得ない”事情を説明するも、これが熊田による“男性ウケ”などを意識した意図的な狙いであると指摘する声も散見されている。

「あえて水着のトップとボトム部分を塗り潰すことで、何も着用していないように見せるテクニックはこれまでにも多くのグラドルに使われてきた技法ですが、熊田が“あざとい”と突っ込まれてしまう理由は、それを“水着をまだ見せられないから隠してる”と主張し、あくまで出版業者の事情を前提にした結果だとアピールしている点でしょう。コメント欄には『絶対インスタ映え狙ってるっしょ』『投稿が上手』『炎上商法』といった指摘もありますが、水着部分を隠したことでより腹部や腕、脚の細さに視線が集まり、これまで以上にストイックさやスタイルの良さに絶賛の声が寄せられています」(テレビ誌ライター)

“巧みであざとい”との解釈もされかねない1枚ではあるものの、そもそも現在の熊田は産後も女性らしいプロポーションをキープしたいと願う世のお母さんにとっての希望の星のような立ち位置であり、自身も努力したであろうスリムで艶やかなラインや筋張った腹筋をアピールしたくなるのも無理はない。

 今回の“水着隠し技法”を駆使することで主婦層だけでなく、男性ファンにとっても大満足な投稿となったことは明らかであり、1枚の写真で老若男女を問わない“いいね”をかき集めた熊田はこの上なくクレバーな女性だと言えるかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」