スポーツ

ミスター復活の原動力は「原“全権”監督を見返す」だった!(2)「ミスター離れ路線」の確立

 一刻も早く、治したい──。病に伏せれば、誰もがそう思うはずだ。しかしながら、長嶋氏は現在82歳。大病を患っての長期入院となれば、残念ながら一気に気持ちが萎えてしまっても不思議のない年齢だ。それでも長嶋氏の気力がいささかも衰えず、尋常ではないほど退院と現場復帰に対して執念の炎を燃やす理由ははたして奈辺にあるのか。

 長嶋氏に近い関係者は、

「自分に関する死亡説や病状悪化説がささやかれていたことを病床で(次女の)三奈さんらから聞き、『いったい、何を言っているんだ?』と憤慨して“絶対に元気になってやろう”という気持ちになったという話もあるが、それよりも‥‥」

 と、せきを切ったように語りだした。

「新たに就任した原(辰徳)監督(60)の存在ですよ。ミスターは表向きは応援しているが、近年は若干距離を置いている。というより、『置かれている』という表現のほうが適切だ。断っておくが、2人は師弟関係にあるから、仲が悪いというわけではない。ただ原が第2次政権の時、『いつまでも長嶋さんに頼ってしまうようなジャイアンツでは同じ歴史の繰り返しになってしまうし、それではいけない』などと周囲に説いて、『ミスター離れ路線』の確立を図った。それが証拠に、以降は巨人でミスター絡みのイベントも減ったはず。でもミスターは、なんだかんだ言っても出たがりだからね。こういう原のアイデアをいい意味での一本立ちとしては解釈できず、逆に『俺から離れるのか』とイコジになってしまったところもあった。そういうボタンのかけ違いによって両者の微妙な距離感が生じてしまったのも事実。だから今回も自分が入院している間に、原が監督として再々登板する形になったのは内心、相当にじくじたる思いがあるはず。つまりは『打倒・原』こそが元気になるための原動力となっている。そうみていいと思う」

 ましてや、みずからが強力にプッシュしていた高橋由伸前監督(43)が成績不振の責任を取って志半ばでの辞任へと追い込まれた。その後釜にギクシャクした関係の原監督が全権を掌握して座り、巨人で幅を利かせようとしている。これまでの経緯を考えれば、長嶋氏にも「おもしろくない」との思いが芽生えたとしても不思議ではない。是が非でも元気になって再び現場に立ち、原監督の眼前で「俺はまだまだ死んじゃいないぞ」と、自身の健在ぶりをアピールしたいところだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
4
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)