芸能

ハードル上がっても関係なし! 米津玄師、紅白「生歌唱」は大半が高評価だった

 十分すぎるインパクトを与えることに成功!?

 シンガーソングライターの米津玄師が大みそかに放送された「NHK紅白歌合戦」に登場。「紅白初出場」かつ「テレビ初生出演」かつ「初歌唱」したことで注目を集めた。

 米津は地元・徳島県鳴門市の大塚国際美術館から生中継で、大ヒット曲「Lemon」を熱唱。歌唱後には白組司会の嵐の櫻井翔から感想を聞かれると、米津は「この場を用意していただいた、すべての方に感謝の気持ちを述べたいと思います。どうも本当に、ありがとうございました」とコメント。これに総合司会の内村光良は「米津さんが、しゃべってる~! 初めて見たよ、オレ!」と、米津が生放送でしゃべっていることに驚きを隠さなかった。

 当然、その歌声にも視聴者からも注目されていたが、歌唱後のネット上の反応をみると「素直に感動した」「気持ちがこもってて、すごくよかった」「満を持しての登場だったけど、期待以上だった」など、そのパフォーマンスを絶賛する声が多数見られていた。

「米津は生出演後に《紅白歌合戦ありがとうございました。来年もよろしくお願いします》とツイッターを更新していますが、わずか半日で53万件ものいいね!が集まるほど、大反響でした。これまでテレビでの歌唱がなかったことから、生放送に出られない理由があるでは? という疑いの目も向けられていましたが、CD音源といい意味で変わらない納得の歌声でした。ただ、米津の直後のパフォーマンスがMISIAであったことから、『MISIAの圧倒的な歌唱力の高さに持っていかれた』という声も一部からは上がっていました。こればっかりは歌順を恨むしかありませんが、それでもハードルが上がっていた中で、みごとなパフォーマンスだったと思います」(エンタメ誌ライター)

 今回の紅白出演で若い世代だけではなく、幅広い世代に自身の存在を知らしめることができたのは確か。19年は、さらなる飛躍が期待できそうだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?