スポーツ

玉鷲、初優勝にこぎつけるまで悩まされたモンゴル人力士同士の「人間関係」!

 大相撲初場所、千秋楽で遠藤を破り13勝2敗で初優勝を飾った、モンゴル出身の関脇・玉鷲(片男波部屋)だが、ここまで至るまでには、モンゴル人力士同士における人間関係の苦悩もあったようだ。

 横綱・稀勢の里の復活という話題で始まった初場所だったが、3連敗でさっさと引退。ほか横綱・大関陣も不調だったというのが大方の印象だ。

「白鵬以外の横綱・大関陣は、序盤で負けが目立った。その白鵬も勝つには勝ったがヒヤヒヤの連続で、10連勝はしたものの、その後はまさかの3連敗。あっさり優勝戦線から消えました」(相撲記者)

 そうした中で優勝をもぎ取った玉鷲は、白鵬、鶴竜とは同世代(両横綱は33歳)の34歳で、出世争いでは遅れを取っていた。というのも、もともとスポーツ経験がないまま相撲に興味を持ち、日本に留学していた姉を頼って来日、そのまま入門するという独自の路線を歩んできたためだ。

「玉鷲は、貴ノ岩が元日馬富士に殴打されたモンゴル出身どうしの飲み会にも呼ばれていたそうですが、ドラマを見ることを理由に回避していた。当時、玉鷲はまださほど脅威ではなかったこともありますが、モンゴル人力士の集団と一定の距離を置いていたことも幸いしたと言えます。もし出席していれば、事件に巻き込まれていたかもしれませんからね」(全国紙スポーツ担当記者)

 暴行事件により相撲協会が設置した問題再発防止検討委員会の報告書では、はっきりと“モンゴル互助会”なる組織があることに言及している。

「貴乃花氏が以前、『白鵬が玉鷲を脱臼させたことがあり、それも稽古ではなく飲み会の席だった』と、タニマチに明かしていたことも報じられている。モンゴル人力士間で絶大なる力を持つ“モンゴル互助会”ですが、そうした環境に多少なりとも悩まされながら、ようやく自身にスポットを向けさせた。本当であれば、もっと早く優勝していたかもしれません」(前出・相撲記者)

 表彰式で涙が止まらなかったのは、優勝の喜びだけではなかったのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
一時は嵐や瑛人抜き?「有吉の壁」発の2.7次元アイドルの突発人気がスゴいッ